クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 20年前のリメイク?

<<   作成日時 : 2014/03/16 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

3月14日放送のテレビアニメの感想いきます。今回のオープニングは先週と同じ、映画の『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』で唄われる予定の主題歌『ファミリーパーティー』です。

「ガマン対決だゾ」(脚本:中弘子、絵コンテ:横山広行、演出:宮脇千鶴、作画監督・原画:林静香)

先週は3本連続中弘子さんが脚本の作品でしたが、今回も中弘子さんです。4本連続ということになります(もっとも、制作された順番と放送順が一致するとは限りませんが)

幼稚園でしんのすけ、風間君、マサオ君、ボーちゃんが砂遊びをしていて、風間君は世界胃酸過多ならぬ世界遺産の富士山を作っていまして、胃酸過多と言えば、しんのすけは胸焼けするそうです。そして、ボーちゃんが作っていたのは砂の城です。やはりスーパーエリートのボーさまは作るものまでスパエリ級のようです。

一方、ネネちゃんは他の女の子たちにもえPの最新のハンカチを見せびらかしていました。サトーココノカドーのタイムセールで3枚500円とのこと。私は2枚セットで420円くらいかと勝手に予想していましたが、1枚当たりの値段はそれよりも安いですね。

そのハンカチは、しんのすけももえPハンカチをほしがりまして、ネネちゃんは女の子の持つものだと言われ、しんのすけは誰がそんな事を決めたのか、国会で総理大臣が決めたのかと言い出します。これを聞いて思ったのが、春日部のブリブリシネマスタジオがオープンした当時、私はさっそく行ったということを友人に伝えたら、その友人、『クレしん』に対して(色々な意味で)強い偏見を抱いていたようで、「大の男が一人で行くと、職務質問されないのか」とマジになって訊いてきました。『クレしん』はお子様以外鑑賞禁止とでも言いたげな態度と無知(『クレしん』はもともと大人向けの漫画)なのには腹が立ちました。

ところで、この放送の翌日から、いよいよ『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』が公開されましたが、『プリキュア』の映画を大の男が一人で観に行くとなると、法にもモラルにも違反しないとは言え、さすがに度胸がいります。というより、行く時間が取れるかどうかも不透明ではありますが。

話を戻しまして、その様子を見ていた酢乙女あいちゃんは、ハンカチをスマホで隠し撮りし、黒磯にそれを買うように指示します。黒磯は酢乙女家が取引しているオオスズメバチ百貨店には置いていないのではと言います。あいちゃんはどこでも良いから探してこいと言うと、黒磯は娘を甘やかすなという母親の言いつけに従い、断ります。

すると、あいちゃは酢乙女家にあるライオンの石像が壊れている写真を突き付け、黒磯を脅しますが、黒磯は犬のビネガーレディ3世(という名前に聞こえましたが、正確な名前の発音は分かりません)の仕業である証拠写真を見せます。あいちゃん、まさかの証拠写真返しになすすべもなく諦めます。しかし、あいちゃんが黒磯を脅すのは一昔前の定番ネタだったと思いますが、まさか黒磯が証拠写真返しをするとは、原作にも『新クレヨンしんちゃん』にもありません、アニメオリジナルの展開です。

あいちゃんは槍にも盾にもなる、帰ってきたアクションブレスレットがほしがるしんのすけが、みさえに我慢しろと言いつけられていることで不満をこぼしている姿を見ます。その様子を見たあいちゃんは、自分も我慢することに。ところで、アクションブレスレットって、これどう考えても『帰ってきたウルトラマン』のウルトラブレスレットが元ネタですよね。

弁当の時間、ネネちゃんは弁当箱ももえPのデザインで統一しておりまして、前に持っていた弁当箱とは汚れが落ちなくなってしまったので、代わりにもえPのを買ってもらったとのことです。これ聞いて思い出したのが、故マイケル・ジャクソンは生前、自分の子供がオモチャを一回使ったら、二度と使わせなかった、一回使うごとに新しいのを買っていたという話です。まあ、マイケル・ジャクソンの場合はさすがに極端ですが。

あいちゃんはそんなネネちゃんに我慢の美徳を語ったりして、自分の弁当箱の重箱は3段なのを2段にしたと話します。それに腹を立てたネネちゃんは、自分がいかに我慢しているかを語りだします。具体的には、350円のカップアイスを5個で300円のアイスにし、ゴージャスバーガーの代わりにアクションバーガーで済ませ、ドビンソンクルーソー百貨店ではなくサトーココノカドーで我慢しているのだそうです。

ゴージャスバーガーとアクションバーガーの元ネタは、もしかしてモ○バーガーとマクド○ルドでしょうか。あと、ドビンソンクルーソー百貨店は2012年の20作目の映画『オラと宇宙のプリンセス』でも言及がありましたが、元ネタの百貨店はそんなに高級だったのでしょうか。というか、今はその百貨店は名前が変わってしまったのですがね。

ネネちゃんとあいちゃんはガマンを巡って喧嘩しだして、ネネちゃんは我慢した回数を物心ついた時からデータでとっているとか言ったり、二人は風間君やマサオ君に意見を求めたりして、それを見たしんのすけは同じパンツをはいて何日目まで我慢できるかと訊いてきます。私は以前、東南アジアに貧乏旅行した時、同じ下着を3日連続で着ていたことがあります。3日程度なら、あまり臭いませんし、問題ありません。靴下はキツイかもしれませんが、東南アジアだったので、サンダル履きの裸足でしたから必要ありませんでした。

幼稚園が終わり、ボールを持って遊びに行くしんのすけ、風間君、マサオ君、ボーちゃんはどちらが我慢強いかを話すも、どっちもどっちだという結論に落ち着きます。そこへネネちゃんが立ちはだかります。風間君はドッジボールをやろうと言うと、ネネちゃんはリアルおままごとは我慢すると言って、ドッジボールをやると言います。しかし、プレイ中にネネちゃんは、本当はリアルおままごとがやりたいと言い続けており、そのうざさにうんざりした風間君たちはドッジボールをやめることに。

すると、あいちゃんはハゲハゲダッツのスーパーウルトラプレミアムアイスを冷凍庫入りで持ってきて、しんのすけたちに与えます。しんのすけは抹茶、風間君はバニラ、ボーちゃんはほうじ茶味を選びます。さすがスパエリのボーさまはアイスまで渋い。ハゲハゲダッツはほうじ茶味まであるのですか。実在のアイス会社も作ってくれませんかね。マサオ君のアイスは何でしょうか。カップの色からすると、ストロベリーかもしれません。ところで、今回出てきたアイスはハゲハゲダッツですが、何の話だったか思い出せませんが、昔バーゲンダッシュというアイスクリームが『クレしん』で登場したことがあったと思います。

ネネちゃんは食べ物で釣ろうとしていることに文句を言います。ネネちゃんはリアルおままごとを我慢していると言うと、あいちゃんはしんのすけ以外にも我慢して他の野郎どもにもアイスを与えていると言い出しまして、またしてもどちらが我慢しているかを決めろと、風間君とマサオ君とボーちゃんに迫ります。

3人は二人の女の気迫に圧倒されて怖じ気づいてしまいますが、しんのすけはみさえが我慢は良くないと言っていたことを話し、ネネちゃんとあいちゃんは納得してしまいます。それでネネちゃんとあいちゃんは去ってしまいます。結局、一番我慢していたのは、風間君とマサオ君とボーちゃんの3人だったわけです。


「父ちゃんをいやすゾ」(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:宮脇千鶴、作画監督・原画:針金屋英郎)

屋上でひろしがユミに言い寄られていますが、ひろしは気取って、自分には妻と子供とローンが32年残ったマイホームがあると言って(シロはどうした!?)、断ろうとします。すると、ユミちゃんは抱き付いてきて、その抱きしめる力がだんだん強くなってひろしもさすがに苦しみだします。

と、ここで夢オチであったことが判明します。しんのすけがひろしを足臭怪人とみなして、縛っていたのです。ところで、夢の中で会社の屋上の先にスカイツリーが見えましたが、どうもスタッフの中でスカイツリーが好きな人がいるようです。あと、しんのすけがひろしに変な起こし方をするというネタも久しぶりです。最近、20年くらい前の懐かしいネタが時たま出ているのですね。みさえはしんのすけにひろしを寝かしてやれと言います。珍しいですね。普段はもう起きろとか言ったり、家の仕事手伝えとか言うのに。

みさえはひまわりだけを連れて買い物に行き、しんのすけはひろしの布団にもぐりこんで、アクション仮面の仮面の目の部分を光らせます。ああいう機能がついているのですね。ひろしは仕方なく、ミミコになりきって、お布団怪人ねむねむに捕まったと想定して布団にもぐりこみます。

ひろしはこれで眠れると安心しますが、しんのすけは布団を引きはがして、ひろしを布団から追い出してしまいます。これで遊びは終わりかと思いきや、第2話突入です。

しんのすけはひろしにアクション仮面の目覚まし時計を持たせ、その目覚まし時計は時限爆弾と想定します。ひろしはしんのすけに背中を踏んでくれればマッサージになって気持ち良いと気付き、踏むように言いますが、しんのすけはハイヒールをわざわざ履いて踏もうとしたので、ひろしは慌てて止めます。

それで、しんのすけは改めてひろしの背中を踏みますが、背骨を踏まれて痛がるひろしです。しんのすけはマッサージ師のおばさんになり切ったりしますが、だんだん飽きてきたようです。

ひろしの背中の上でケツだけ星人とかやっちゃったりしますが、ひろしの股間をうっかり踏んでしまいます。やると思っていました。って、しんのすけはひろしの背中を踏んでマッサージをしていると、股間を踏んでしまうというの、昔もありましたね。原作の7巻のd-1で。この話はテレビアニメ化されましたが、どの話だったかは失念しています。ただ、リアルタイムで観たのは記憶していまして、ひろしがしんのすけに股間を踏まれて、痛がりながら変な演歌らしき歌を唄っていたのを覚えています。

今回よりあの時のひろしのリアクションの方が面白いです。さて、しんのすけはおやつを取りに行き、ひろしはやっと眠れると思いきや、ひろしのそばで「アゲアゲせんべい」というのを食べまして、せんべいのかけらをひろしの布団にボロボロこぼします。ひろしは仕方なく、掃除機でかけらを吸い取ります。

ひろしはしんのすけに男同士の話をしようと言い出し、自分には癒しが必要だからちょっとだけ寝かしてくれと言います。しんのすけはそれに同意し、これでひろしもぐっすり眠れると思いきや、しんのすけはひろしの枕元で絵本を読みだします。しかし、しんのすけは漢字読めないので、ひらがなだけを読み上げるので、意味をなしていません。というわけで、ひろしが読みます。以下、絵本の内容を引用します。


むかしむかし
かすかべの
駅から徒歩
15分の
古い団地に

一人の名もなき
女が
暮らして
いました。



で、その女は駅前のスーパーの野菜特売日に必ず買い物をしていたそうです。続き、引用します。


ところが、ある
寒〜い
寒〜い
日のこと、

その女は
なぜか

冷凍食品の
特売日に
あらわれたのです。



で、その女は冷凍食品を大量に買い込んで、レジでチラシについていた(10%OFFの)クーポンを使って値引きをしてもらって買い物を済ませ、家に帰って行ったそうです。その話が終わった時、しんのすけは寝てしまいました。

すると、みさえが特売の冷凍食品を大量に買い込んで帰ってきますが、ひろしもしんのすけと一緒に二人とも寝ていました。表情は、映画の『戦国大合戦』の冒頭のひろしの寝顔と同じです。

今回の話は、20年ほど前の放送をリメイク(焼き直し?)したような場面がいくつも登場しました。原点回帰なのでしょうか。それとも、単にネタを繰り返しているだけでしょうか。もちろん、前者の方が好ましいですが。


「東西南北あっちむいてホイ!」

毎週恒例のあっちむいてホイです。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは北(ほく)でした。しんのすけは上に頭を向きました。

今回、私は南だと思い、下に向きましたが、外れました。くそー。三連勝ならず。

この後、映画の『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』が公開まで(2014年2月28日から)あと50日となり、映画の場面が少し紹介されていました。やはり『まんがタウン』での内容を思い出しました。

ところで、「今シーズンはおしまい!ども、ありがとね〜♡」というテロップがありましたが、あっちむいてホイはこれで終わりなのでしょうか。

そして、映画の『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』が公開まで(2014年3月14日から)あと36日という知らせが流れ、エンディングで映画の場面と、ゲスト声優として、女性警察官の段々原照代を演じる武井咲氏と、2年連続の出演となる、ロボット科学者の頑馬博士を演じるコロッケ氏の紹介がなされていました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
14日の話は何かと昔らしい雰囲気があって楽しかったです。続いて次回の話は非日常の話みたいでロボとーちゃん公開も近づいてきて楽しみです。
K
2014/03/17 12:48
そうですよね。本文でも書きましたが、昔と同じギャグを使っていまして、懐かしい気分でした。
次回はシロが言葉を話すようですが、映画と同じロボットにまつわる話のようです。
チョルス
2014/03/17 22:54
<その友人、『クレしん』に対して(色々な意味で)強い偏見を抱いていたようで、「大の男が一人で行くと、職務質問されないのか」とマジになって訊いてきました。『クレしん』はお子様以外鑑賞禁止とでも言いたげな態度と無知(『クレしん』はもともと大人向けの漫画)なのには腹が立ちました。
その事について、私も同感です。
もし、私がクレしんに偏見を抱いている人に文句言うなら、例えば、「しんちゃんは、グラビアアイドルの写真集を読んだり、年上の女性にナンパするよ」、「妹は宝石やイケメン好きの赤ちゃんだよ」、「ネネちゃんとネネちゃんのママは、ストレス発散にウサギのぬいぐるみを殴るし、ままごとは、ダメ夫や姑の嫁いびりや離婚のネタがよく出るよ。」、「原作漫画は、青年漫画だけど、子供向けなら、どこの子供向け雑誌に連載されたの?その上、クレヨンしんちゃん=子供向けが全てだと思ったのは、いつ、クレしんの何を見てそう思ったの?」と小一時間、問い詰めたくなりますね。

もやもや
2014/03/18 14:44
YouTubeで「宇宙警察犬・ロボドッグだゾ」を検索すると、サファリパークと宇宙刑事をパクった劇中歌が流れる予告が見られます。
名無しさん
2014/03/18 17:39
せん太郎さんへ
<管理人さんのそのお友達はどうかは知らないですけど、昔は『クレヨンしんちゃん』は好きだったものの、何かのひょうしで『クレヨンしんちゃん』アレルギーを起こしてしまい、それ以来ずっとトラウマになってる可能性も決して否定出来ないと思います。
それを聞くと、あまりきつい対応ができませんね。
そういう事情を踏まえると、クレしんに対して、偏見を抱いている人に対する対応は、お手柔らかにしないといけないなと、肝に命じておきます。
もやもや
2014/03/19 16:46
>もやもやさん
『クレヨンしんちゃん』はもともと青年誌連載の漫画であることを知らないというのもありますが、大人が『クレしん』を楽しむ資格はない、(職務質問という言葉づかいから)あたかも犯罪者予備軍であるかのような言い方に腹を立てたのです。
私はその時、適当に流しましたが、無知であることは相手を怒らせたりするから、軽率な言動は慎むべきという自分自身への教訓にもなりました。
チョルス
2014/03/19 21:15
>名無しさん
件の動画、拝見しました。よくもまあ、作成した人がいたものだと思います。あまり違和感がありませんでしたし。
チョルス
2014/03/19 21:15
放送開始当時、半年つなぎのつもりで
制作していたことから、
版元の双葉社からの引用でしょう。
武里の双葉幼稚園の存在は単なる偶然と察する。

ちなみに当方が入手した情報によると、
東岩槻の幼稚園がモデルらしい。
名無しさん
2014/03/21 19:11
東岩槻の幼稚園がモデルですか。
元の情報が不明なので何とも言えませんが、武里の双葉幼稚園にしても、明確な証拠があるわけではないので、いずれにしても憶測の域は出ないでしょうが。
チョルス
2014/03/22 22:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

20年前のリメイク? クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる