クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 若返るクレヨンしんちゃん的スタッフ

<<   作成日時 : 2013/07/01 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

本文に入る前に、一つお知らせがあります。

2013年7月1日になりまして、遂に元外交官の佐藤優氏の執行猶予期間が終了となりました。2013年7月1日からは、刑の言い渡しが無かったことになります。

2002年年5月14日、鈴木宗男事件に絡む背任容疑と偽計業務妨害容疑で逮捕され、2009年に最高裁で執行猶予つきの有罪判決を受けましたが、それがようやく無かったこととなるわけです。

私は、個人的に佐藤氏の著作は色々と読んでいまして、かなり注目していた方です。この執行猶予期間終了はニュースになるかなと思っていましたが、ニュースになりませんでした。

2002年の鈴木宗男騒動の時は(悪い意味で)時の人だったのですが、今では人気作家として活躍しているものの、さすがにニュースになるほどではなかったようです。


以上、本題とは関係の無いお知らせでした。本題に入ります。


『B級グルメサバイバル』の橋本昌和監督は、1975年(昭和50年)生まれです。

橋本監督が1975年生まれであることは、こちらの記事から知りました。

橋本監督の生年を知った時、私は「ずいぶん若い人だな」と思いました(ただし、私の方が橋本監督より10歳年下だったりしますが)。

今までの『クレしん』の歴代の監督の生年は、


本郷みつる監督 - 1959年(昭和34年)生まれ
原恵一監督 - 1959年(昭和34年)生まれ
水島努監督 - 1965年(昭和40年)生まれ
ムトウユージ監督 - 1962年(昭和37年)生まれ
しぎのあきら監督 - 1954年(昭和29年)生まれ
増井壮一監督 - 1966年(昭和41年)生まれ


というように、1950年代〜60年代(昭和20年代〜40年代)生まれだったわけです。

今回の映画の橋本監督は初の1970年代(昭和50年代)生まれということで、一気に若返ったという感じです。

『クレしん』の制作スタッフは、昔から関わっている人の多くが今も関わっていて、平均年齢が高まっている印象がありましたが、一方で若返りも起こっているようです。

橋本監督は30代後半なわけですが、『クレしん』のテレビアニメが始まった1992年、本郷監督はまだ30代前半でした。いずれは20代の監督の就任もあっても良いのではと思ったりします。若いと経験が足りないという欠点もあるでしょうが、これはと思う人に監督をしてもらえれば、良い作品が仕上がるかもしれません。

そういえば、プロデューサーの一人の吉田有希氏は1980年生まれでしたが、1980年代生まれの監督が誕生するのも時間の問題でしょう。


神学部とは何か (シリーズ神学への船出)
新教出版社
佐藤 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神学部とは何か (シリーズ神学への船出) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
東洋経済新報社
佐藤 優

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2014年のクレしん映画、早くも決定!
(※この記事では、来年(2014年)に公開される予定の映画の内容に触れています。公開まで内容を知りたくないという方は、閲覧をお控えすることをお勧め致します) ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2013/09/06 23:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
私だと1970年(昭和45年)生まれなので、橋本昌和監督とは5歳年下ですけど、私よりも若いのが出てもおかしくないというか、それだけにクレしんが如何に長く続いてるかが分かる様な感じが致します。
そのうちにクレしんがOA開始(92年),最初の劇しん公開(93年)に生まれた監督が出れば、もっと嬉しいのではないかと期待しております。
それでは、私はこの辺で失礼します。
盆栽すし
2013/07/01 07:23
直接「しんちゃん」には関係ないことであることをお許し下さい。
 順番だけで言えば、今回の映画の監督には高橋渉氏にまわって来てもおかしくはなかったと思っています。
 しかしそうでなかったということはシンエイ動画のお家事情だけが理由ではないと思います。
 管理人様だけではなくいろいろな方々に嗤われるのを覚悟のうえでお聞きしたいのですが、高橋氏が監督になるうえで一体何が足りないのかを教えて頂きたいのですが、いかがでしょうか?
 別段、高橋氏のファンだという訳ではないのですが、このままでは「しんちゃん」のテレビの方のスタッフの若返りが(特に演出家において)あまり進まない気もするのですが・・・。
ツベルクリン飯能
2013/07/01 16:18
高橋渉さんが監督になれないのはまだ若いからだと思ってました…。
が、これだと確かに今回の橋本監督の方が1歳年下なんですよね。

来年は橋本監督だとして2年後にはやってるよね・・?と期待のコメントを残しておきます。
くじら1
2013/07/01 20:33
>盆栽すしさん
今までの歴代の監督の方々は盆栽すしさんよりも年上でしたが、今回ついに年下の方が監督に就任されたわけで、『クレしん』が長寿アニメであることを実感されたと思います。
あと10数年ほどすれば、『クレしん』のテレビアニメや劇場版放送開始以降に生まれた方が監督に就任されるだろうと思います。
チョルス
2013/07/02 01:53
>ツベルクリン飯能さん
『しんちゃん』に直接関係なくても、あまりにも逸脱していなければ、お気になさる必要はありませんよ。
そういえば、以下の記事のコメントで高木渉氏が監督になるのではという推測がなされていましたね。

http://crashinsti.at.webry.info/201205/article_5.html

高木氏が監督になるので足りない部分ですが、すみません、私にも全く分かりません。
そもそもどういう基準で劇場版の監督に選ばれるのか、一昔前ならテレビシリーズの監督が兼任していましたが、今は我々部外者からでは全く分からないので、ちょっと答えようがないですね。
テレビシリーズの方は、あまり若返りが進んでいませんが、アニメ業界自体がそういう状態になっているとも聞いています。その点は懸念すべきところかもしれませんが、今度の状況を見守っていきたいです。
チョルス
2013/07/02 01:54
>くじら1さん
高橋渉さんもお若い方なのですね。『B級グルメサバイバル』は好評でしたので、来年も橋本氏が監督になると思いますが、それ以降は誰が監督になるのか全く予想ができません。
高橋さんの『しんちゃん』も一度見てみたいですね。
チョルス
2013/07/02 01:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

若返るクレヨンしんちゃん的スタッフ クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる