Такого как Широ-сан

6月22日放送のテレビアニメ感想いきます、とその前に、今回の記事のタイトル「Такого как Широ-сан」について。

「Такого как Широ-сан」、これはロシア語です。なので、キリル文字です。

ラテン文字に置き換えると「Takogo kak Shiro-san」、カタカナで「タコゴ カク シロサン」になります。

英語に直訳すると「Such as Shiro-san」です。

つまり、「シロさんみたいな」という意味です。

実はこのタイトル、元ネタがあります。ロシア情勢にある程度詳しい方ならもうご存知でしょうが、

「Такого как Путин」

というロシアの歌があるのです。直訳すると「プーチンみたいな」になりますが、日本では「プーチンみたいな彼」という訳で紹介されることが多いです。

元ネタであるこの歌の歌詞(ロシア語、日本語訳)はこちらのページをご覧ください。

「プーチンみたいな彼」とか「Такого как Путин」と検索すれば、実際に動画サイトで歌を聴くこともできます。

この歌、要はロシアのウラジーミル・プーチン大統領を賛美する歌なのですね。色々と批判もありますが、やはりプーチンの人気はかなりのものであることが伺えます。

以前、テレビのとあるドキュメンタリー番組で、この歌と唄ったというラリサ・リチャーギナというロシアの女性歌手は、「私にとって、プーチンは理想の男性です。男はみんな彼みたいになるように努力すべきだわ」と言っていました。

で、なんでこんなコメントを紹介したのか。この歌のパロディをタイトルにしたのか。今回の話を見て、


「私にとって、シロさんは理想のワンちゃんです。犬はみんな彼みたいになるように努力すべきだ」


と思ったからです!

まさにシロさんはドッグ界のスーパーエリートで、シロさんの素晴らしさがもっと讃えられても良いのではと思います。


ところで、『クレしん』とは関係ないことですが、プーチンが大統領に再就任したことについて。

元外交官で、在ロシア日本大使館での勤務や主任分析官の経験もある、現在は文筆家の佐藤優氏によると、北方領土である択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島のうち、プーチンが大統領であるうちに色丹島と歯舞群島は日本に返還されるだろうとのことです。

というのは、色丹島と歯舞群島を返還すると、プーチンは言っていたからです。プーチンって、交わした約束を必ず守る(一方でなかなか約束しないけど)政治家であるので、彼が大統領であるうちは、色丹島と歯舞群島の二つは返ってきて、残り二つの択捉島と国後島の返還の交渉にも持ち込めるというわけです。

この佐藤氏の発言は昨年(2011年)の夏のことで、当時のプーチンは首相でしたが、今は大統領に再就任しました。日本の国益の観点からすると、当時の大統領のメドベージェフはどうしようもなかったけど、プーチンならかなり有利な立場になれるだろうというわけでして、果たしてどうなることやら。

と、前置きが長くなりましたが、6月22日の感想に入ります。


「シロを特訓だゾ」
(脚本:翁妙子、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督:原勝徳、原画:原勝徳、前田一雪)


川を渡る犬。その犬は「コタロウ」というらしく、あるおねいさんと涙の再会を果たします。で、そんなテレビを観ていたしんのすけは、その「はるせあやか」という女優をかわゆいと言い、シロさんが撮影されているのを妄想して悶えていました。

うーん、悶えているしんちゃんってかわゆいですね。

さて、かすかべ防衛隊のしんのすけを除く野郎3人がネネちゃんの留守を喜んでかわのそば児童公園に入ると、しんのすけとシロさんがお尻を振っているのを見かけます。

ここでなつかしのネタが。しんのすけが「マルマルウマウマ」と事情を話すと「かくかくしかじか」と訂正され、それで事情を知るという展開です。これは、比較的初期の頃の原作で何度か使われていました。

それで、シロさんをタレント犬にする特訓なんですが、色々な特技をやらせます。と言ってもいつもの「わたあめ」とか「ちんちんかいかい」とか、風間君に一発芸と突っ込まれます。

風間君は、動物はしゃべれないから、表情や仕草で表現することが重要であること、あとアクションもある方が良いということを説きます。

それにしても、シロさんをくしゃみするのを見てマサオ君は「かわいい」と言いますが、ホントにめっちゃ可愛いと思いました。もう、シロさんの可愛さも異常なんだYO!

そんなシロさんは夢はでっかくと言う風間君が指導することに。まず、ボーちゃん、マサオ君、しんちゃんが前かがみになり、シロさんは順に飛びますが、しんのすけがお尻出して、そこでアウトw

小さいから高くジャンプするのは無理と評されますが、後ろで高く飛ぶシロさんってやはりドッグ界のスーパーエリートと言えるでしょう。ツーカ、シロさん凄すぎ!

さらに、シロさんはアクションビームとやられる敵を交互に演じるなど、どんだけ天才なんだよ、シロさんって。だけどそこでも見られておらず、「寝てる場合じゃない」と言われる始末w

ところで、このあたりのシーンを見て思ったのですが、真柴摩利さん、トオルちゃんとシロさんの声を同時に当てているのかな?それなら、まさにそれこそ凄い演技力だと思いますが、プロの声優だから成し遂げられるのでしょうかね。

さて、演技の基本は感情表現とのことで、風間君はシロさんに「泣いて」と言われ、捨てられていた頃を思い出してなこうとしますが、このシーンで私は劇場版の『ケツだけ爆弾』を思い出しました。しかし、実際のシロさんはしんのすけ変な顔を見せつけられて、笑うのを必死にこらえていたのでした。

しかしまあ、笑いをこらえているシロさんもすんげえ可愛いですな。

次にシロさんに遠吠えをやらせようとしますが、意外なことにシロさんは遠吠えができないのですね。そういうわけで、シロさんの吹き替え役としてマサオ君が抜擢されます。「アオ~ン」と遠吠えの練習を繰り返す佐藤マサオ、見ているとなんだか痛いですw

しかし、そういった練習をよそに、しんのすけははるせあやかと共に共演するよりも、「適当人生」としてグダグダ生きていくのが良いのではと言い出します。

そこで、シロさんはトロフィーを受け取るシーンやプールサイドで他のワンちゃんたちにかしずかれる姿を想像します。

このシロさんなんですけど・・・



か、か、かわいい~~~~~



一方、普段通りのシロさんを見て思いました。



か、か、かわいい~~~~~



結局、普段のグダグダ人生を選んだシロさんでした。やはり、飼い主に似るのでしょうかね。

そんでもって、マサオ君は未だに遠吠えの練習をしており置き去りにされましたとさ。

マサオ涙目www


アイキャッチに流れる「オラの名場面!コスプレ100連発!?」の57番目はなまけものでした。


「恋する水族館だゾ」
(脚本:うえのきみこ、絵コンテ:義野利幸、演出:平井峰太郎、作画監督・原画:高倉佳彦)


水族館で、井金子漁(いかなごりょう)(22歳)という兄ちゃんがいます。最初はのび太っぽい印象を受けましたが、のび太というより藤子アニメに出てきそうなキャラと言えるかもしれません。

この井金子クンは、都会の喧騒を離れて、水族館という青い空間で癒されるとのことです。既に6ヶ月通っているとのことで、なんか人間嫌いで自然好きというタイプの人っぽい感じですが、その水族館で働く魚住(うおずみ)さんご(24歳)に恋しているようです。

『あさりちゃん』のママと同じ名前の魚住さんは24歳で、井金子クンより二つ上ですね。まあ、後述するように携帯のメールアドレスさえも聞けないのですから、いわんや年齢をや。それに、年上といってもたかが、2歳しか違いません。

こちらの記事でも書きましたが、2010年10月に亡くなられた、シンガポール初代首相で現在は内閣顧問のリー・クアンユーの奥様のクワ・ギョクチューも、ご主人より2歳半年上でしたからね。イギリス在住時に婚姻届けを出した際、旦那は24歳、奥さんは27歳でしたから。

ちなみに、リー・クアンユーは9月16日生まれ。今回のAパートの脚本を書いた翁妙子さんと同じです。当ブログでも何度か書いていますが(例えばこの記事)。

あと、リー・クアンユーらが婚姻届を出したのは1947年、シンガポールに帰国して結婚式を挙げたのは1950年、この当時は結婚で女性が年上になるケースはどれくらいあったのでしょうかね。当時の記録とか見ていないのでよく分かりませんが、あくまでも「現代」で考えると、今の時代は女性が年上でも珍しくないでしょう。前にも書いたことがありますが(リンク先の記事のコメント欄についてですが、管理人の私自身は未だに結婚の予定はありません。結婚?なにそれ?おいしいのwww)。

話を戻しまして、井金子クンの前に立ちはだかるのがしんのすけ率いる(?)野原家軍団です。その日、水族館でお仕事体験教室が開かれるとのこと、野原家もやってきたのですね。ペンギンやイルカ ひと夏の経験で大人の階段をまたひとつ登ってしまうというしんのすけです。オトナになれば、きれいなおねいさんといっぱいお付き合いできるゾ、しんちゃん。

水族館の館長である万田房雄(まんだふさお)(55)というオサーンが話をしている時も、しんのすけは魚住さんに首ったけ。「タコとイカどっちが好き?」と訊くと、魚住さんは「どっちも」と答えて、それをメモる井金子クン。必死だな。

今日こそ仲良くなるとのことで、なんか見ていると尾痔馬つよし(おじまつよし)君を思い出しました。原作で11巻のb-5、テレビアニメでは確か1995年頃に放送されたと記憶していますが、内容はちょっと違っていたと思います。私が思い出したのは原作の方で、尾痔馬クンはしんのすけのおかげで(?)一目惚れした女子高生との恋を成就させることができたようですが、さてこちらはどうなることやら。

さて、体験教室で最初にペンギンが出てくるシーンから、ここでしんのすけがコスプレして出てきますが、長年クレしんファンやっている私も、そこは予想できました。まあ、定番のギャグと言って良いかもしれません。

井金子クンによると、キングペンギンは「ひとつの卵をオスとメスが交互に足に乗せて温める」そうで、いやはや勉強になりますね。で、井金子クンは魚住さんと交互に温めているシーンを想像しますが、エサを取りに行っている間、何週間も間は会えないではないかとなげきます。ここまで妄想できるとは、恋は盲目というわけですか。

井金子クンはしんのすけからチョコビを取り上げますが、確かにチョコビはダメでしょうね。井金子クンはペンギンにエサを上げて、しんのすけもあげますと「シロとは全然違いますな」と言います。Aパートで大活躍したシロさんは寂しそうにしていました。

魚住さんは井金子クンのことを覚えていまして。「よくいらしてますよね」と言われて浮かれる井金子クンです。顔を覚えてもらったら、メアドを訊くか否か、まずは普通の会話でアピールしようとあれこれ考えていますと、しんのすけがメアドを訊きまして、見事に了承を得ます。井金子クン、もっとプラス思考で自信を持ったほうがいいですぜ。

その後、「イルカショーで愛の告白」なるイベントが行われます。「イルカショーで愛の告白してみませんか」という趣向でして、始まる前に井金子クンはしんのすけに、彼氏がいるかどうかを訊いてほしいと頼みます。しんのすけは、井金子クンが魚住さんではなく、水族館のアイドルであるトドのトド美ちゃんの方に惚れていると思い込んでしまいます。

井金子クンは、つぶらな瞳 きらんと光る八重歯 仕事をしている姿が好きだと言いますが、魚住さんとトド美ちゃんでは、ずいぶん印象が異なりますね。まあ、人間とトドだから当たり前ですが。それにしても、井金子クンがしんのすけに彼氏をいるのかを訊く際に、「ぎょぎょぎょシール」を持ち出す井金子クンですが、あんなので惹かれるのか、しんのすけ。アクション仮面のレアシールやレアカードなら分かりますか。

ここで、私は二つのラストを予想しました。最初は、彼女がいないと聞いてそのまま勢いで井金子クンは魚住さんにアタックし、見事に成就するというパターン。もう一つは、井金子クンは魚住さんにトド美とくっつけられて、実は魚住さんには彼氏がいたことを知って破綻というパターンでした。

私は前者を予想しており、また希望していましたが、結果は後者でした。しかし、相手が55歳の館長だったとは予想できませんでした。しかも、彼氏を超えて結婚相手w

イルカショーで、井金子クンがコクる直前に館長がプロポーズしてしまって、井金子クンの恋は見事に破れたわけです。「知らず知らずのうちに顔見知りだったんだから、知らず知らずに両想いだって十分有りうる」というわけにはいかなかったのです。

しかし、館長って魚住さんとは31歳も離れているのに結婚って、犯罪じゃねーかwww

年の差婚って、31だゾw

私に言わせれば犯罪なんだYO!本音ではうらやましいんだZE


ひろしが年の差婚は「男のロマン」と言っていましたが、分かります!(って、こんな事を書いている私って、まだ20代だったりするのですけどね。私が年の差婚を意識すると、それこそロリコンになってしまうwww)

観客だけでなく、イルカ3匹も拍手する中、井金子クンは魚住さんに 「トド美のことをよろしくお願いします」とトド美と結ばれるハメになってしまった井金子クンでした。でめたしでめたし(爆)


アイキャッチに流れる「オラの名場面!コスプレ100連発!?」の58番目はぶりぶりざえもんでした。


「くやしくないゾ」
(脚本:ムトウユージ、絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)


夕陽の前のシロさん。Aパートの続きのようです。しかも、今回はデスペラートが舞台ではありません。

舞台は河原で、しんのすけがやってきます。

しんのすけは、シロがタレント犬でなくても悔しくない 悲しくない、つまらなくないと言います。

それで、シロが泣きそうになり、実際に涙を流します。このシーンも『ケツだけ爆弾』を思い起こさせます。

そして、しんのすけとシロさんは抱き合い、しんのすけは大きいジャンプできなくていい 遠吠えできなくてもいい アクションできなくていいと言います。

そして、続いてしんのすけは、「オラは、オラは、オラは」と言った挙げ句、自分がタレント犬の代わりの5歳児になると言うオチでした。

これで、おねいさんにモテモテと喜ぶしんのすけに憤慨するシロさんでしたとさ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック