『かしこみっく』2012年5月2日版

『まんがタウン2012年6月号』(5月2日発売)に掲載された『かしこみっく』の感想です。ネタバレあり&かなりキモいので閲覧注意です。


今月のヒミコちゃんもすんごくかわいかったです


今回はちょっと毛色が違って鹿之介がメインの話でした。ある日、鹿之介のフンが少ないかと思いきや、倒れてしまいます。

ミコトママは便秘だと言いますが、便秘対策に下剤入りの鹿せんべいを食わせようとするヒミコちゃん。って、あれちとせが指摘していたように「毒」って書いてありましたが、あんなの食わせたら却って悪化するのではと思います。

あと、さすがのイナリ様もイチジク浣腸に化けるのは断りましたか。浣腸の後に石鹸にでも化けて洗い流せばと思いますが。そうすると、イナリ様も小さくなるでしょうが、たくさん食えば元通りになるはず(太りますが)。

「しか」医師に見せてもよく分からないわけですね。ツーカ、あの歯科医師も獣医に診てもらうようにアドバイスすべきだったでしょうが。暖かくして休めば良いなんて、ヒミコちゃんの言う通り、無責任ですな。

おねしょで5時間正座って、ミコトママの厳しさパネェな。そんな小さい頃のヒミコちゃんの頬をなめたのが、やはり小さい頃の鹿之介です。昔の小さかった鹿之介ってなかなかかわいらしいですが、


ああ~ん、昔のヒミコちゃんもきゃんわゆ~い


頭につけたあのリボンとおかっぱ頭、


そんでもって私きめぇwww

さて、鹿之介の容態は悪化の一途を辿り、遂には衰弱しきって意識を失います。ヒミコちゃんも涙を流して鹿之介の名を叫びます。

うおおおおおーーー!!!泣けるZEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!と思いきや、鹿之介が出産というとんでもない展開に。

鹿之介メスだったのかよw

名前やあの角からオスだと思っていましたが、何ですかこの凄まじいどんでん返しの展開は。2008年9月30日に観た映画『おろち』のオチを知った時に受けたのと同じくらいの衝撃でした。

角はハンドルだったのですか。どうやって装着したのでしょうかね。

ツーカ、相手は誰なんだよ。あの繁華街のど真ん中で他に鹿がいたのでしょうか。

まあ、鹿之介のジュニアが産まれて新キャラが登場したことで、ますます目が離せない展開になりましたな。

それにしても、先月号のヒミコパパはどうなった?それを期待していましたが。うーむ、ヒミコパパの登場は気長に待ちますかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『かしこみっく』2012年6月5日版

    Excerpt: 『まんがタウン2012年7月号』(6月5日発売)に掲載された『かしこみっく』の感想です。ネタバレあり&かなりキモいので閲覧注意です。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2012-06-08 22:38