みさえのあやまち

7月15日放送の感想いきます。この記事のタイトルは、昔あったみさえファン御用達のサイト「みさえのみかた」をもじっています。

「王子様のクツだゾ」(脚本:中弘子)
「シンデレラ」でロマンチックな気分に浸るネネちゃんには、かなり違和感を覚えました。普段リアルおままごとでドロドロの人間関係の役を強要するあのネネちゃんが、「子供だまし」な絵本「ごとき」にあれだけ感動するのですから。

それとも、普段ドロドロの大人のドラマばかり見て、それを遊びにも持ち込もうとする反動なんでしょうか。たまには「童心」に帰りたいと感じることもあるのでしょうか。

で、しんちゃんも一緒だったんかい!ツーカ、ネネちゃん家かよ。ということは、ネネママもいるのかなと思いましたが、どうも出かけていたみたいです。しんちゃんがネネママのおつやを横取りして、「どちくしょおおおお!!!」(+「いつものママじゃな~~~い」)の展開は、今回はありませんでした。まあ、今回はネネママがメインの話ではないですが。

さて、しんちゃんは帰る際に帽子を落としてしまい、ネネちゃんが自宅前でそれを拾いますが、さらに靴も見つけます。しかし、その靴はしんちゃんの者でないと分かると、ネネちゃんは自分の王子様のものだと勘違いし、王子様探しに行きます。

その際に、リアルおままごと20回というのを持ち出して風間君らを連れて行きますが、ネネちゃんは自分の主催するリアルおままごとが、風間君らに嫌がられていること知っており、その上で強要していたんですか。

「ベルサイユ」ですか、ネネちゃん行きつけの美容院は。担当のイケメン美容師さんもいるみたいで、ネネちゃんの家は金があるんですね。金がある家の子供はわがままに育つ、とは思いません(家の所得と子供の人格形成に相関があるようには思えません)が、中にはそういうお子様もいるのも事実のようで。ネネちゃんは風間君らにムチャクチャなこと言いだします。

幼稚園の男子集めろって、ネネマジ外道www

あんな、召使いのようにこき使っていたら友達なくすと思うのですが、ネネちゃんの場合はそうならないのですよね。

で、どんな風に集めたかというと、ここでクレしん界きってのスーパーエリートであるボーさまが大活躍するのですよね。ふたば幼稚園の園児たちはボーさまの鼻水芸見たさで集まってきます。やはり、ボーさまはかすかべ防衛隊の影の支配者ですね。

しかし、靴のある子はいなかったわけで、ネネちゃんは今度はよその子も集めて来いと言いだします。

ネネェ…。

ネネの暴虐非道ぶりパネェwww

ここでマサオ君が拒否しだします。先週の態度がまだ残っているのかな。

それで、4人が履いてみようということになりまして、しんちゃん→風間君→ボーちゃん→マサオ君の順番で履くことに。

しかし、靴を履く際に鼻水が凍って、靴が合わないと分かると凍った鼻水が砕けて新しい鼻水が出るボーさまがかっこよすぎるんだぜ。スーパーエリートはリアクションまでこだわりがあるわけで。

結局、マサオ君がぴったりだったわけわけで、大騒ぎするネネちゃんでした。ここで「ブリブリ王国」のBGMを使用するとは、そこまで緊迫していたのですか。

なんか、この話は「ネネちゃんのおムコ選びだゾ」(1997年4月18日放送)と「ネネちゃんのモウソウだゾ」(2008年3月14日放送)を思い起こさせるんだぜ。どっちの話も、ネネちゃんがかすかべ防衛隊の野郎ども4人とそれぞれ結婚したらどんな生活を送ることになるのか、妄想していたからです。

結局、あの靴は実はしんちゃんのお古だったわけで、リサイクルショップに出そうとしていたみさえが落としていたというオチでしたとさ。

みさえェ…。

ついこの前も千円札落としたし、相変わらずカネやモノにルーズだなw

こういうところに気を付けるだけでも、そのうち金がたまってしんちゃんの行きつけの美容院だってできると思うんだぜ。まあ、あのクリクリ頭のしんちゃんに美容院なんていらないだろうけど。

今回は「シンデレラ」的ストーリーだったわけですが、「サザエさん」にも似たような話がありましたね。確か、恐いおじさんの家の前に靴が一足置かれていて、それでカツオを含めて町内中の子供たちが靴を履かされていました。脚本の中弘子さんも、その「サザエさん」の話を意識していたりして。


「車でランチだゾ」(脚本:中弘子)
一番最初のみさえの髪型、ちょっと違和感がありました。普段よりも髪が垂れ下がっている感じで。しかし、すぐに違和感も無くなりました。元の感じになっているからです。あれはささいな作画上のミスだったのかしら。

さて、ここでむさえがやってきてみさえが悩んでいる原因が分かります。みさえがサイデスカなるカフェレストランで、風間ママ、ネネママ、マサオママらと「息ぬき」なるカフェに行ってみようとなって、そのカフェは車でないと行けない所にあるみたいで、どういうわけかみさえが車を出すと言いだします。それで、みさえは場所を確認するために地図で確認していたわけですね。

野原一家もパソコンがあると思いますので、Mapionかグーグルマップで調べてみよう!と思ったりもしました。あるいは、携帯電話でも住所を入力すれば検索できると思うのですが。クレしんのアナログぶりも「サザエさん」と五十歩百歩みたいですね。

ところで、ママさんたちは全員運転免許を持っているらしいです。みんなどんな車に乗っているのでしょうかね。風間ママはクソだったりして。

さて、むさえは金が無いから食い物をたかりに野原家に襲撃してきたわけで、それを逆手にとってみさえが優位に立ちます。そういうわけで、車で下見に行くことになりますが、むさえもつき合わされます。「働かざる者食うべからず」を地で行くむさえですね。

しかし、むさえって、みさえの車の運転がどんなものなのか、誰から話を聞いたのでしょうか。もしかしたら、居候していた時にみさえの運転に恐怖を味わった話があるのかもしれません。私はちょっと思い出せませんが。あるいは、視聴者の目に見えないところで、むさえがみさえの運転を体験したのかも。

で、出発するものの、しんちゃんが「シミレーション」をしようと言いだし、ひまわりがマサオママを、しんちゃんが風間ママを、むさえがネネママを演じようということになります。それにしても、ネネママのモノマネを披露するしんちゃんの可愛さは異常。しんちゃんはネネママの「どちくしょおおおお!!!」な側面をあまり見ていないせいか、あまりネネママに対しては悪いイメージは持っていないみたいです。

みさえは曲がるべきところを曲がり損ねてUターンします。その後、畑道を進むと、前から軽トラックがやってきます。ピンチかと思いきや、曲がってくれたのでピンチは免れました。

その後、雑木林の道を進んで、どうにか到着しましたとさ。ここでは「オラの花嫁」のBGMが使われていました。

その後、「本番」ではみさえはシミュレーションの時と同じ体験をします。しんちゃんの人を見る目って凄いな。シミュレーション通りの展開になるわけですから、しかし、例の軽トラックが曲がらなかったのは想定外だったわけで、結局マサオママの誘導で風間ママがハンドルを握ることになりました。やはり、みさえは車の免許を1994年にとって17年になりますが、何年かかっても上達しないみたいです。帰りもお願いしていたし。

そういえば、ネネママが助手席に座っていましたが、どうやって決めたのか、ちょっと気になったりするんだぜ。

そういえば、秋月りすさんの「OL進化論」にも、山の中でカフェやっている女性が登場したことがありましたが、カフェの売り上げだけで生計立てられるのかと思いきや、実はネットで株をやっていたという話がありました。あの「息ぬき」というカフェの店主も、不労所得か何かを得ていたりして。

今回はAパートもBパートも、みさえのドジがストーリーと深く関わっていました。

アイキャッチに流れるコスプレ100連発、28番目はきりんでした。

「王子さま~♡だゾ」(脚本:ムトウユージ)
今回の客はネネちゃんでした。

ネネちゃんは自分の王子様はどこかしらとため息をつきますが、マスターは多摩か北区かと言いだします。前者は八王子、後者は北区のことを指しますが、関東の人しか分かりませんね。「クレヨンしんちゃん的ページ」さんのMr.Kさんによると、八王子は関東以外でもそこそこの知名度があるみたいですが。関東在住の管理人は、もちろん八王子も王子に知っています。

ネネちゃんは「王子様どころか彼だって怪しいわよ」と、中年前のOLのグチみたいな事を言い出しますが、前述した「OL進化論」の中にある「35歳で独身で」シリーズを思い起こさせるぜ。

ああいう性格のネネちゃんって、将来どうなってしまうのか、ちょっと心配になったりします。原作では徳郎さんを隠し撮りしたり、もっとあくどい事をやっていましたし。

サイダーでつぶれるとは、王子様の妄想がアルコールになっていたのでしょうか。ネネちゃんは今の性格をどうにかした方が良いでしょうね。でないと、将来彼氏ができてもすぐ逃げられるでしょうから。とは言っても、人間の性格など簡単に変わるものではありません。そうなると、本性を必死に隠すしかないでしょう。結局、裏表の激しい性格になって・・・、ネネママみたいになりますね。そう考えると、血は争えないようですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • みさえの知恵袋

    Excerpt: 2012年、最初のテレビアニメ感想いきます。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2012-01-07 22:00