プラス思考で自信を持つ

7月8日の感想いきます。

「ふしぎな指輪だゾ」(脚本:翁妙子)
冒頭から「アクション仮面」が放映されていましたが、あれだけの尺をとって「アクション仮面」を流すとは、最近では珍しいですね。昔はよくやっていましたが、最近はあまり見ないので寂しく感じていました。ですから、今回はなかなか嬉しかったですね。

劇中では、ワンダーリングなる願いがかなう不思議な指輪を、TAKASHİ クンなる男の子がつけて、自分を苛めたジャリ共に復讐を企てます。

しかし、ミミコの警告も無視して指輪を付けたTAKASHİ は、化け物になって暴走、アクション仮面が登場します。液体せっけんアワアワで怪物TAKASHİ のワンダーリングを外して一件落着、でめたしでめたしで終わります。それにしても、一話丸ごとの「アクション仮面」の劇中劇って、またやってくれませんかね。

そのテレビを見ていたのはマサオ君で、マサオ君は自分の庭でワンダーリングらしきものを見つけます。それで、その日の晩御飯はカレーがい~な~と思うと、ホントにカレーになって、ワンダーリングの力をマジで信じるマサオ君です。

翌日、ふたば幼稚園では風間君のアクション仮面を見ていたことが判明しますが、映画の「アクション仮面VSハイグレ魔王」を思い起こさせるシーンでした。風間君は「昨日たまたまつけたらやってたから」と言っていましたが、相変わらずの見栄っ張りですね。まあ、「もえP」ヲタが露見するよりはマシだと思いますが、「もえP」の件もバレバレなんですよね。

それにしても、ワンダーリングってステキですね。ド●ゴ●ボ●ルみたいに、願いがなんでもかなってしまうのですから。ちなみに私の夢は、毎月1億円くらいの不労所得が欲しいです。働かないで、ひたすらクレしん三昧のリッチな生活を送りたいからなぁ。ありえないでしょうけど(だから「夢」なんです)。

そんな俗っぽい考えをする私とは別に、「面白い石に出会いたい」というのがスーパーエリートであるボーさまの願い。さすが格が違うZE

他にも、その日の幼稚園のおやつはヨーグルトであったり、チーターが転んだり、ネネちゃんのリアルおままごとを断ったりと、ワンダーリングは凄まじい効果を発揮しているように見えます。

でも、実はそのワンダーリングはマサオママの裁縫用具で、昨日のカレーはありあわせだったいうことが判明。これで、マサオ君の願いがかなっていたのはワンダーリングの効果ではなく、単なる偶然出会ったことは判明しましたとさ。

ただ、マサオ君はネネちゃんのリアルおままごとをきっぱり断っていましたが、要するに自信を持って言うことが大事なのですよね。営業なんかでもそうでしょう。自信の無さそうな営業マンの商品など、買う気が起こりませんからね。「これはこんなに素晴らしいんですYO!」と自信を持って言うから、相手も「よし、あんたがそこまで熱意をもって言うなら契約してみるか」という気になるわけです。

アイキャッチに流れるコスプレ100連発、26番目はナメクジでした。


「ウチではたらく父ちゃんだゾ」(脚本:中弘子)
その日、ひろしは家の中で働くことになります。ただし、休日ではないので、みさえは幼稚園バスの事を思い出しますが、結局逃してしまいます。やはり、しんちゃんがバスに乗れるかよりも、ひろしが無事に定時に出勤できることの方が大事みたいです。

そういえば、今年の夏は節電が叫ばれており、大企業には一定以上の電力を消費したら罰金といった罰則も課せられており、そのため一部の企業では夏に長めの休みを社員にとらせ、その代わり家で仕事をしてもらうというところもあるみたいです。双葉商事もそれに倣ったのかな。ただ、双葉商事はどうも大企業ではないらしいので、罰則を受けることはないと思いますが、まあ節電に協力しようという動きなのでしょうね。

ちなみに、ひろしの会社は9時から始まるらしく、多くの会社と同じですね。普段のひろしは7時前にはGOOOOD MORNING ! と目覚めていることでしょう。そんでもって、SMART ! に新聞を読んで情報収集をしてから、RELAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAX ! ! ! ! ! に家を出るわけです。

会社に到着したら、ハードな仕事に突撃する前に、ひろしはユミちゃんの入れてくれたコーヒーでBREAK TIME ! を嗜むみたいです。

さて、その日のひろしはノートパソコンを開けて、企画書の作成をやるみたいですが、なかなか始めようとせず、テレビをついつい見てしまいます。「ちょい散歩」なんてのを見たり、今度こそを思ったら洗濯機が鳴りだしたり、ひまわりが泣き出したりと、なかなか仕事に手がつきません。

そして、ひろしはYEAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA ! ! ! ! ! とハードな仕事に再び立ち向かいますが、うっかり入力したものを全部消してしまいます。

ひろしは2階の書斎へ移りますが、私はなんでひろしが始めから書斎でやらなかったのかが不思議でした。で、書斎で「ザ・経営学」なる本を出したら、「エロリンパ 7」なんてのを見つけ、これでまたしても仕事がはかどらなくなります。

ところで、もしひろしが「ザ・経営学」という本ではなく「もしドラ」みたいなラノベを出していたら、ちょっと引いてしまいますね。元ネタのドラッガーの本ならともかく、「もしドラ」はビジネスマンが参考にするような本とは思えないので。書店に行くとビジネス書の棚に置いてあったりしますが。

さて、ひろしが再度仕事に取りかかろうとすると、みさえが注文した「たべてねるだけでやせる」らしい豆ダイエットの商品が着払いで届いたり、風間君の絵本を幼稚園まで届けたりと、なかなか仕事がはかどりません。なんか、先週の子育てと仕事とTON-MEN退治に大忙しのニョキを思い出しました。

それと、本屋で「こぶたものがたり」という絵本が登場し知恵ましたが、ぶりぶりざえもんそっくりですね。まあ、おそらく偶然かもしれませんが。あるいは、ぶりぶりざえもんはしんちゃんの創作物ですが、しんちゃんはこの絵本をモデルにぶりぶりざえもんを創作したのかも。

結局、色々な妨害(?)があったので、ひろしは「企画書」の3文字しか書けませんでしたとさ。

今回の話を見て、「父ちゃんのジャマはしないゾ」(1992年6月8日放送)や「父ちゃんは猫ギライだゾ 」(1993年11月22日放送)を思い出しました。どちらも、ひろしが家で仕事をするという内容でしたから。それにしても、「猫ギライ」の話ではひろしはワープロを使って企画書を作成していましたが、あれから18年経った今回の話ではノートパソコン。時代の流れを感じさせます。年配の作家や脚本家では、今でもパソコンではなくワープロをあえて使用しているという人もいるみたいですが。

作家や脚本家はともかく、やはり仕事は会社でやった方がはかどるみたいです。オフィスでバリバリ働けば、仕事が全然はかどらないということもないでしょうからね。さあ、オフィスへCOME ON ! とでも言いたげなお話でした。

今回の感想では、GOOOOD MORNINGだのRELAA(中略)AAXだの、やたら変な英語を赤い太文字で書いていましたが、これは京王線が宣伝をしている早朝準特のイラスト広告「GO ! GO ! デキる男の通勤」を参考(パクリ?)にしています。この広告はまだあるかどうか分かりませんが、京王線に乗る機会のある方は、探してみるのも面白いかも。なかなかよくできた広告だと思いますので。

ただ、今回の話を見ていると、ひろしはああいうデキる男にはなりきれていないみたいで。頑張れ!ひろし!あんたの活躍の場は劇場版だけじゃないだろ!

アイキャッチに流れるコスプレ100連発、27番目は学ランでした。この学ランのシーンは、「これが青春らしいゾ!第二話 (2003年1月18日放送)からの映像ですが、「これが青春らしいゾ」シリーズはVHS化もDVD化もされておらず、半ば黒歴史化しているシリーズです。理由は分かりませんが、おそらく「あしたのジョー」の露骨なパロディが登場するのではと、以前書いたことがあります


「しっかり仕事して!だゾ」(脚本:ムトウユージ)
ひろし曰く「ウチで働いていてもやっぱり飲みたくなる」

まあそうですよね。家で仕事をしている人たちがみんな居酒屋や焼き鳥屋に行かないなんてことはないでしょうから。

ただ、ひろしが家で仕事できなかったのは、みさえのせいだとかなんとかグチばかりをこぼします。ひろしは営業課に勤務しているのですから、営業マンたるものグチなどこぼしちゃいかんでしょ。営業マンにとって大事なのはプラス思考。自分の売り出す財やサービスを、自信を持って売り出すには、普段からプラス思考でいるべきで、グチなんかこぼしちゃいけませんぜ。普段からグチばかりこぼしていたら、仕事でもそういう態度が相手に伝わってしまう可能性があります。嫌な事が色々あっても、それは一切態度に出さないで、とにかく良い事ばかりを考える、プラス思考でいれば、営業で相手にも良い気分にさせられるというものでしょう。

で、マスターから会社で川口のせいにしてしてないか、ユミちゃんには自分だけの成果だと自慢してないか、部長に出した企画書が採用されないのも川口のせいにしていないかと、色々と質問をされて、全て図星みたいです。

ここでマスターが磯野波平ばりにお説教をくらわすかと思いきや、焼き鳥を焦がしているのをひろしに指摘され、「話に夢中になってないで自分の仕事しっかりやらなきゃ」と返り討ちにあります。

いやはや、人のふり見てわがふり直せというわけで、なかなか示唆に富んだ話だと思ったりしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

権兵衛
2011年07月12日 01:06
チーターにボールをとられてしまうのなんだか、のび太がジャイアンから野球グローブをとられてしまう話を連想しました。「きこりの泉」という話で新品のグローブを嬉しそうに持っていたのび太がジャイアンと出くわし、ジャイアンの使い古したグローブと交換しろと言われ無理矢理交換されてしまうというものです。
ひろしが見ていた「ちょい散歩」は「ちい散歩」、「相方」は「相棒」が元ネタですかね。ちい散歩は前に幾度かクレしんでもパロディをやったことがあったと思いますが本家は地上波全国ネットじゃないんでよね。BS朝日やテレ朝チャンネルでも放送していますが地上波放送外の地域だとそんなに知名度高くないかもですから元ネタがわからない人もいるでしょうからちょっと嫌ですね。あと相棒は昼間に再放送してるんですかね。自分は関東に在住したことがないですからよく知りませんが確かスーパーJチャンネルの前に、つまり夕方に関東では再放送していたと思います。
もしドラは読んだことが無いので詳しくは知りませんが実現できなさそうなことが書かれてたりするらしいですね。まぁフィクションですからそんなのがあってもおかしくないですが。
ひろしの活躍の場が劇場版だけといえば、なんだかドラえもんのジャイアンみたいですね。スネ夫にもそれをつっこまれてたりします。個人的にはいい台詞を言ってればいいもんじゃねーと思ってたりもしますが。
青たこ
2011年07月12日 04:41
以前ミルクティーさんやチョルスさんが仰っていたヨダさんの「ばっかもーん!」が実現するのかとちょっと期待してしまいました(笑)
チョルス
2011年07月12日 23:05
>権兵衛さん
今回のチーターはちょっと乱暴者の印象を受けましたが、確かにジャイアンがのび太のものを無理やり取り上げるのに似ていましたね。「きこりの話」は見たかどうか覚えていませんが、その話を基にしたのかもしれませんね。
「ちょい散歩」や「相方」は、確かに実際の番組のパロディかもしれません。私は「相棒」は知っていますが、「ちい散歩」は知りませんでした。私は関東在住ですが、昼間は外出しているので、再放送しているかは分からないです。
「もしドラ」は立ち読みでしか読んだことがありませんが、ドラッガーの「マネジメント」の知識を野球部の運営に活かすというわけですが、基本的な部分しか触れられていないみたいなので、やはり元ネタになったドラッガーの本を読むのが良いと思います。「もしドラ」は娯楽で読むには良いでしょうが、ビジネスマンが仕事のために読むのに適しているかは疑問です。
ひろしの劇場版での活躍は、もはや「ドラえもん」のジャイアンとそっくりですよね。大きなお友達の観客で、ひろしの活躍を期待する人もかなり多いような気がしますが、それが大きな要因なのかもしれません。
チョルス
2011年07月12日 23:05
>青たこさん
私のこの感想を書いている時、「そういえば波平みたいなバカモンがなかったなぁ」と思いました。磯野波平のパロディが登場する日は果たして来るのか、ちょっと期待してしまいます。
ミルクティー
2011年07月12日 23:19
ウチではたらく父ちゃんだゾですが、震災ネタが多く、節電を促す演出があったり、書斎に「日本の復活」とかかれた本があったり…と。書斎には「サラリーマンが~ファッションで出勤したら」という感じのタイトルの本もあったような。おそらくもしドラのパロディの小ネタたど思いますが、気のせいですかね?
2階の部屋の登場も久しぶりです。最近はかなり珍しい展開なのかもしれません。そしてデスペラートはまるでカツオ(ひろし)とサザエ(ヨダ)のやりとりのようでした。ヨダも2008年から4年近く登場人物の愚痴を聞いているので、よくわかるのでしょう。さすが情報早い!(笑)
チョルス
2011年07月12日 23:36
ひろしが自宅で仕事をやるというのは、企業が節電を促されているのを反映させたものである可能性は高いと思います。
ご指摘の書籍は、「もしドラ」を意識したものかもしれませんね。ここで思い出したのですが、「もし~~~だったら」という、明らかなビジネス関連の便乗本が何冊か売られているのを書店で見たことがあります。
デスペラートももうずいぶん経つのですね。私がイギリスに行く前からで、ずいぶんあっという間という印象があります。ただ、それだけ長ければ、マスターが野原一家らの心情を読み取るのもかなり容易になっているでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • みさえのあやまち

    Excerpt: 7月15日放送の感想いきます。この記事のタイトルは、昔あったみさえファン御用達のサイト「みさえのみかた」をもじっています。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2011-07-19 03:09
  • 久々の原作からの話

    Excerpt: 8月26日放送のテレビアニメ感想いきます。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2011-08-29 19:34
  • タコさんはたくさん?

    Excerpt: 8月26日放送のテレビアニメ感想いきます。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2011-09-03 23:38
  • いかに自信をもつのか

    Excerpt: 自分を信じると書いて自信なので、自分のことを 信頼できないようであれば自信が無くて当然です。 このテーマに関してとても良い映画を先ほど観ました。 藤田まことさんの「明日への遺言」です.. Weblog: 【三輪有子学長:ヴァリアント大学】 racked: 2012-01-07 02:14
  • Такого как Широ-сан

    Excerpt: 6月22日放送のテレビアニメ感想いきます、とその前に、今回の記事のタイトル「Такого как Широ-сан」について。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2012-06-25 22:50