満員御礼!愛のスパイ映画 (追記あり)

4月18日の本日は月曜日ですが、午後に時間が取れたので「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦」を浦和の劇場で再び観てきました。

それで、改めて鑑賞すると非常に面白いですね。ここ数年(「金矛の勇者」以来)では、おそらく一番の傑作だと思います。もしかしたら、私の個人的な劇場版のベスト5(あるいはベスト3?)入りになるかもしれません。それくらい、良い作品だったと思います。

レモンちゃんも凄く良いキャラでした。多分、今までクレしんの映画に登場したゲストのおねいさんの中では、私の一番のお気に入りになりそうな感じです(←別に変な感情が含まれているわけではないです。念のため)。

増井監督も脚本のこぐれ氏も、なかなかの力作を作ってくれたものです。本当に、私の特にお気に入りのクレしん映画になりそうな予感です。

さて、気になる興行収入ですが、こちらも朗報が入ってきています。

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201104170050.html
(魚拓) http://megalodon.jp/2011-0418-1730-51/www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201104170050.html
>しんちゃん映画に「若いお姉さん」殺到

上はアサヒ・コムの記事ですが、良い文章が書かれています。以下に引用します。


同日午後0時時点の動員が、昨年興収12・5億円を記録した「嵐を呼ぶオラの花嫁」と比較し105%で、興収15億円突破も見えた。


これなら、「ケツだけ爆弾」以来の15億円突破も夢ではなさそうです。

一昨日(4月16日土曜日)の初日舞台挨拶では、95%が女性だったのですか。関ジャニって、そんなに人気あるのですか。私は長い間日本にいなかったのでよく分かりませんが(そもそも芸能界についても疎いし)、映画の内容よりも関ジャニがヒットの要因となっているのであれば、なんだか複雑な思いであります。

もちろんヒットしてくれるに越したことはないですし、関ジャニが出演すればヒットするという目算が制作サイド側にあったとすれば、非常に優れた制作者だと思います。来年の映画は20周年ですから、来年にもぜひとも期待したいです。

ただ、もう一度書きますが、関ジャニの人気ぶりには本当に驚かされます。毎年、東京は有楽町の初日舞台挨拶ではゲストの芸能人も駆けつけますが、映画館の座席が埋まるなんてことはなく、空席も結構目立っていました。

2007年の「ケツだけ爆弾」の時も、京本政樹&AKB48の超強力コンビが駆けつけて、それぞれの(一部の観客ですが)マニア(ヲタ?)が暴走していましたが、それでも満席ではなかったと思います(↓のページ参照)。

http://crashinsti.at.webry.info/200704/article_14.html
http://www.geocities.jp/crashinsti/off8yurakucho.html#crayon-imperialcity4

それだけ人気のある芸人なら、今後もしばらくの間、かなりの知名度を保っていられそうです。浮き沈みの激しい芸能界ではありますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

通りすがりの森屋
2011年04月18日 21:50
「ヲタが暴走」だなんて・・・一部をまるで全員のような言い方をしないでいただきたいです。それを言ったら、自分が行った日にはしんちゃんファンの方の中にもかなり強烈に暴走してる方いらっしゃいましたけど・・・あまりいい気分のしないどころか誤解を生むような言葉が書かれていましたので失礼しました。
権兵衛
2011年04月19日 01:17
非常に面白かったのですか。自分は金矛だけ劇場で鑑賞したことがあり、今回は行かないだろうとは思ってましたが再考します。興行収入は15億超え目前のようですがジャニーズの影響もあるでしょう。韓国の芸能人やAKB48などと競ってますがまだまだジャニーズですね。10億以下だったりすると次回作が危ぶまれますけどなんだか複雑です。女性の割合が95パーセントとは凄いですね。普段はそんなことはないよ思います(行ったこと無いですが)。挨拶終了後に映画を見ずに帰る人がいたとのことですがやはりジャニーズ目当ての客でしょう。
ケツだけ爆弾のときはAKBは大人気とまでは言えなかったと思います。ファンではありませんが去年の2月に15枚目のシングルが日本の女性グループとしては7年ぶりに30万枚の売り上げを達成した頃からドンと話題にあがってきた気がしますので2007年の頃はまだオタクが大半の地下アイドル的な存在だったかと。京本さん目当ての方もいらっしゃったかもしれませんが少なかったでしょう。
チョルス
2011年04月19日 06:37
>通りすがりの森屋さん
不快に感じられたのであれば、申し訳ございませんでした。本文も訂正しておきました。ただ、2007年の初日舞台挨拶の時は、それくらい強烈なインパクトがありましたわけで。

>権兵衛さん
今回はぜひ鑑賞された方が良いと思いますよ(あくまでも個人的な感想なので、もしつまらなかったと思われても責任は負いかねますが)。最近はAKB48や韓国の少女時代などが話題になっているようですが、ジャニーズもまだまだ人気があるみたいですね。劇場には、明らかにジャニーズ目当ての女性客がたくさんいました。
確かに「ケツだけ爆弾」の時は、AKB48の人気は現在ほどではなかったですね。昨年あたりから、一気に人気が急上昇した感があります。京本氏も、ジャニーズほどの人気ではなかったかもしれません。一部のファンの暴走ぶりが凄まじかったので、私もその辺りを錯覚していたようです。

この記事へのトラックバック

  • 地震の被害による「スパイ大作戦」が受ける影響

    Excerpt: 前回の記事で、いかにも「スパイ大作戦」の興行収入が高いというような事を書きましたが、実際はそうでもないようです。というより、今年はちとヤヴァイかも・・・。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2011-04-20 17:33