原作者の顔出しについて

クレヨンしんちゃんの原作者、臼井儀人氏は生前メディアに顔を公開することを決してしませんでした。

その表向きの理由は、ファンの夢を壊すからというものです。

私は個人的に顔出ししてほしかったなと思います。例えば、「かりあげクン」や「コボちゃん」の作者の植田まさし氏は比較的最近になってネット上や「まんがタウン」のインタビューなどで顔出しをしまして、その第一印象はイメージとずいぶん違うというものでした。

しかし、少し経つとすぐに受け入れられ、(ちょっと誇張しますと)非常に崇高な容姿をされているとさえ思ったものです(私は植田まさし氏の作品も好きなので)。

結局のところ、どんな容姿をしていようと関係ないのですね。素晴らしい作品を生み出していれば、どんな顔をしていても非常に素晴らしく見えるものなのだと思います。

とは言え、あくまでも私の持論に過ぎません。以下の記事を読みますと、やはり安易な顔出しなどはしない方が良いのかもしれません。


http://www.j-cast.com/2010/01/06057381.html
>「らき☆すた」作者は男だった! ネット驚愕美水かがみ写真公開 (1/2)
http://www.j-cast.com/2010/01/06057381.html?p=2
>「らき☆すた」作者は男だった! ネット驚愕美水かがみ写真公開 (2/2)


私は、「らき☆すた」という作品自体はもちろん知ってはいましたが、作品をほとんど見たことがありません。ああいうキャラクターデザインって、個人的にあまり好きではないという大した理由ではないのですが。

ただ、作者の名前をどこかで見た時に、名前からして女性なんだなと思ったことはあります。ですから上のニュースを偶然見つけた時は、少し驚きました。

作品自体にほとんど触れたことが無い私でさえ驚きの気持ちがあったのですから、ましてやファンの人たちの驚きは推して知るべしでしょうね。実際に、上のニュースによるとネットで騒動になり、「2ちゃんねる」でもスレがいくつも立ったそうです。ファンの間での衝撃がどれほどか、窺い知ることができます。

上の記事では、臼井氏の事も触れられていますが、以下に記事を一部引用してみます。


漫画家がメディアで素顔を晒すかどうかについて、漫画家自身にも葛藤があるようだ。やくみつるさんや黒鉄ヒロシさん、石坂啓さんなど頻繁にメディアに顔を出す人もいれば、素顔は公開しない、と決めている人もいる。「クレヨンしんちゃん」作者の臼井儀人さんが09年9月に不慮の事故で急死したが、顔写真は新聞やテレビで使われなかった。「クレヨンしんちゃん」を連載している「まんがタウン」編集部によれば、臼井さんは何があっても自分の顔写真は出さないと決めていたのだという。


この引用した文章から、顔出ししない漫画家がヒット作をとばしたら、極力顔出ししないという方針を貫いた方が良いかもしれません。ヒット作を出していないという段階なら顔出しするのもアリでしょうが、顔出ししていない段階で作品がヒットしたら、大勢のファンが作者についてあれこれ想像(妄想?)したりするので、そのギャップに対する衝撃や悪影響を避けるためにも、顔出しはしないという方針を貫くべきかもしれません。

そういうわけで、生前の臼井氏の顔出しに関する徹底した方針は間違っていなかったと言えるでしょう。

ただ、植田まさし氏のような例もあるので、一度顔出ししないと決めたからとっても、あまり神経質になる必要も無いだろうなとも思ったりもしますけどね。私の個人的な考えではありますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

権兵衛
2011年02月07日 19:24
私も個人的に臼井さんの素顔を公表して欲しかったと思います。理由はファンの夢を壊すからとのことですがもし私が臼井さんの素顔を知れば驚くと思います。でもそれは最初だけでその後慣れていくと思います。夢を~という理由は声優さんが顔出しをしないのに使うのならまだ賛同できます。
臼井さんではありませんが漫画家で『ONE PIECE』の作者、尾田栄一郎さんがかつて同作の単行本のそでで自身の顔写真を載せたことがありました。その後読者からの質問でその写真についてのがありその写真は同作連載開始前の他の漫画家のアシスタント時代のものとありました。その理由は「この漫画が有名になったから最近のを載せると色々なことが…」ってな感じに答えていました。きっと尾田さんが街中で歩いていたら誰かが「あの人ONE PIECEの作者の人じゃね?」となり、握手やサインとかを求められて尾田さんが自由に過ごせる時間が減ったりするからだと思います。臼井さんも生前に顔出ししていた場合そのようなことになるかも知れません。
美水かがみの件は聞いたことありますがその件はああいう作風つまり「萌え」系な作品を描いていたからだと思います。読者の中には「俺の嫁である○○を描いてるのがこんなオッサンでブサ男だったなんてー」と思っている人もいるかも知れません。あ、これは別に私の本心ではないのであしからず(美水さんすいません)。
でもクレしんはらき☆すたとは作風も違いますし例え臼井さんの素顔が公表されてもネット上が荒れることは無いと思います。クレしんの場合徳郎さんの急逝の方がまだ騒動になってもおかしくないとかと(少しはなったようですが)。
今のところ、臼井さんの素顔は臼井さんが描かれる自画像とかから想像するしか無いですね。自画像と素顔を似せている方もいらっしゃいますけど臼井さんの自画像と素顔は似せてなかったりするかも知れませんが。
チョルス
2011年02月08日 11:24
漫画家が顔出しすることはファンの夢を壊すかというと、実際はそうでもないのかもしれませんね。ただ、「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」の鳥山明さんが「ジャンプ」で顔を載せたところ、地元であっという間に知れ渡ってしまったという話があります。単にファンの夢を壊すと言う理由だけでなく、プライバシーの面でも色々と支障が出るでしょうから、顔出しを避ける漫画家は多いのでしょう。
「らき☆すた」という作品はいわゆる「萌え」系なので、そのようにファンが怒りだす可能性はありますね。「2ちゃんねる」でそういうレスがあってもおかしくないでしょう。実際に衝撃を受けたという書き込みは多数にのぼったとのことですから。ただ、臼井さんの場合は1958年生まれの男性であることは公表していましたから、顔出しをしても「らき☆すた」ほどの衝撃はファンの間で起こらなかったと思います。一部ネット上で、臼井さんと思われる人物が映っている画像が出回っているようですが、本人かどうか確認する術は無いですね。

この記事へのトラックバック