「SHIN-MEN」第3弾だゾ

さ~て、今週のしんちゃんは・・・

チョルスdeath

もえPが誕生日をむかえるdeath

もえPヲタのトオルちゃんがバースデーケーキを買うらしいdeathが、しんちゃんが乱入しそうな雰囲気で、トオルちゃんはまたしても暴走しそうな感じdeath

そんなもえ~な話が観られないぼくちんはとってもかなPdeath

さて次回は、

「もえPの誕生日だゾ」
「SHIN-MEN」

の2本death

今週もまた、観てくださいね。ジャン、ケン、ポン!ウフフフフフフ

(以上、「サザエさん」のノリで)


と、冗談はこの辺にしまして、1月28日に放映される予定のクレしんには、「SHIN-MEN」が再び登場するようです。

「SHIN-MEN」が最後に登場したのは去年の11月26日で、2か月ぶりの登場となるわけです。ただ、年末年始にかけて、クレしんの放送はおよそ1ヶ月のブランクがありますから、その点を考慮すると1か月ぶりの登場になります。

そうなると、今後も1ヶ月に1回のペースで登場することになるのでしょうかね。もしそうなれば、2011年中には10回ほど登場するということになるでしょう。それだけ登場すれば、「SHIN-MEN」だけを収めたDVDが発売されることになると思います。「SHIN-MEN」のDVDが1年間に1回のペースで出してくれれば嬉しいです。

さて、次回の放送の「SHIN-MEN」ですが、どうもメンバーの一人のカンが主人公になる話が放映されるようですが、それって「まんがタウン」の2月号に掲載されている話をアニメ化したものなのでしょうかね(ちなみに、登場キャラクターについてはこちらを参照)。

「まんがタウン」の2月号には、まさにカンが主人公の話が収録されているので。この「まんがタウン」は1月5日発売で、私もまだ日本にいたので購入することができました(余談ですが、私は昨年の12月号でのSHIN-MEN初時登場の話も読んでます。日本の実家にあったのですね)。ただ、「まんがタウン」の話は前編のみで、後編は3月号のお楽しみということになるわけですが、アニメでは前後編両方やるかもしれません。忠実に映像化していたら、おそらく尺は前編だけでは足りないでしょうから。

テレビ朝日の公式サイトの内容紹介でも、カンの故郷の工業都市デタホイトが危機に陥るというものですが、「まんがタウン」の2月号も同じ内容のものが収録されています。やはり、これを映像化するのですね(後編も一気に放映するかは分かりませんが)。

それにしても、主人公が複数いて、メンバーの一人を主役としてスポットを当ててストーリーを進めていくというやり方は、「ドラえもん」のスピンオフ作品の「ザ・ドラえもんズ」を思い起こさせます。この作品も、劇場版では個々のキャラクターをメインにしてストーリーを進めていましたから。

「ザ・ドラえもんズ」に似ているかもしれないというのは以前も書いたことがありますが、やはり似ているかなという気がします。ただ、「まんがタウン」に掲載されている「SHIN-MEN」を読む限り、「ザ・ドラえもんズ」に比べたら、メンバーたちの友情はそれほど強くない気もしますが。

ちなみに、「SHIN-MEN」の放送回数が増えて、DVDで簡単に簡単に鑑賞できたり原作の単行本が発売されれば、「クレヨンしんちゃん研究所」でも本格的に取り上げようと思いますが、現在はまだ情報が少ない&管理人の生活の状況がかなりゴタゴタしていることから、まだ当分析禄で不定期に取り上げるに留めようと思っています。あと、冒頭に書いた「もえPの誕生日だゾ」が観られないのは残念なことですが、こちらもDVD化されたら鑑賞しようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミルクティー
2011年01月25日 17:56
風間くんが萌えるシーンはかなり久々なんですが…
「シールをもらうゾ」(2010年7月16日)以来だと思います。
トオルちゃんの誕生日は1月だったことが驚きですが。
SHIN-MENは好き嫌いが大きく分かれる作品ですが。ぶりぶりざえもんが喋るなんてけしからんという意見もあったりします。僕は嫌いではないですが。
前回はアニメと原作は違う話にするという話を聞きましたが、今回は原作の話直接ですか。アニメオリジナルも面白いけど、原作の話はもっと面白いと思うので、かなり嬉しいです。
チョルス
2011年01月26日 11:21
私はここ2年の間(2010年の夏を除いて)、クレしんのテレビアニメを全く観ていないので何とも言えませんが、あまり風間君ともえPのネタは放送されていないようですね。
誕生日が1月なのは、風間君ではなくてもえPだと思いますが。
やはり、ぶりぶりざえもんがしゃべることに対する反発もありましたか。
今回のアニメが原作とどれだけ異なるのか、私には何とも言えませんが、内容が異なっても原作のように面白い内容であればと思います。
青たこ
2011年02月16日 21:41
私はタウンのカン主役の前後編を読んで『パーマン』を思い出しましたね。
仲間のメンバーにも正体を伏せているカンの姿にパーマン3号ことパー子がダブって見えました。
しかし、カンの正体を明かすのはもう少し引っ張るかと思っていたんですが…。
チョルス
2011年02月18日 20:08
「パーマン」は昔見ていましたが、内容をよく覚えていないので、パーマン3号についてはよく知らなかったりします。
ただ、正体を明かすかどうかというテーマは、ヒーローものとしては定番となっている感じがありますね。
ノンノン
2011年09月17日 08:57
しんめんて、何かとコラボらせたらいいんじゃないですか?
ノンノン
2011年09月17日 09:02
ていうか、ゴウ、ヒュー、ニョキの中では、誰がタイプですか?私的にカンちゃんわ女の子なので論外だと思うんですが???
チョルス
2011年09月23日 14:03
私はSHIN-MENのメンバーの中ではスィがお気に入りですが、次にニョキが良いですね。どちらも男なので「タイプ」というわけではありませんが。私は男ですが、カンみたいな女の子はあまりタイプではなかったりします。
コラボですが、個人的にあまり歓迎したいと思わないです。
ノンノン
2011年11月12日 07:29
そうですか。私はスイに萌えて、ニョキとヒューに惚れました。
チョルス
2011年11月12日 23:47
昨日の放送では、スィにますます萌えました。また、ゴゥがチャーハンを食べるシーンも結構良かったです。

この記事へのトラックバック

  • 妄想族の主張

    Excerpt: 6月15日放送のテレビアニメ感想いきます。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2012-06-17 16:41