臼井儀人先生の命日の呼称について

本日は臼井儀人先生の命日です。先生のご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。


本題に入りますと、以前も当分析禄で書きましたが、臼井儀人先生の命日の呼称についてです。

私は「クレヨンしんちゃん研究所」の「お知らせ」で、以下のような募集を行いました。


昨年の9月11日、クレヨンしんちゃんの原作者の臼井儀人先生が、荒船山にて不慮の事故によって亡くなられました。

まもなく一周忌を迎えることとなりますが、当サイトの掲示板で一周忌までに臼井先生の命日を「○○忌」と名付けられないかという提案を、はいじま様からいただきました。

そこで、当サイトでは臼井先生の命日の呼称を募集したいと思います。

太宰治の「桜桃忌」、村下孝蔵の「五月雨忌」、美空ひばりの「林檎忌」のような呼称で、臼井先生の命日にふさわしいと思える案を寄せていただきたいと思います。

集まった提案の中からどうやって選ぶかはまだ決めていませんが、後日選定方法を発表するつもりでいます。

応募の仕方は、管理人のメールアドレス(verwandlung0105@hotmail.com)から、もしくはこちらのブログのコメント欄か、当サイトの掲示板からお願いいたします。

メールで応募される場合は、必ずメールのタイトルを「臼井儀人先生の命日の呼称」を明記してください。また、掲示板でも本文の始めに同様の事を必ず書いてください。

また、いずれの募集においても、必ず名前(ハンドルネーム)を書いてください。名前が無いものは一切採用いたしません。

なお、メールと掲示板からの応募の書き込みについては、管理人は一切返信しませんのでご了承ください。

応募された呼称は、ファンの皆様方にご覧になっていただくために、随時「クレヨンしんちゃん研究所」のページで公開していきます。



そして、以下のような案が集まりました。なお、カッコ内は読みでカッコかつ斜線は提案された方の名前(HN)です。

・向日葵忌(はいじま氏)
・桐藤忌(きりふじき)(おおみやっ子氏)
・クレヨン忌(クリラの中の人氏)
・野原忌(クリラの中の人氏)
・欅樹忌(きょじゅき)(クリラの中の人氏)
・月見忌(はいじま氏の身内の方)


それぞれの呼称の由来は以下の通りです。掲示板やメールでの提案者の方々による原文をそのまま載せています。


・向日葵忌
しんのすけの妹ひまわりちゃんよりも連載初期に「ひまわり組・クレヨンしんちゃん」とタイトルされていた事を思い出したからです。しんのすけの幼稚園での所属クラスは「ひまわり組」でしたよね。
ただ問題は、命日がひまわりの季節より少し後だと言うことです。だから他のファンの皆さんによってもっといい名前が思い付かないかと思っています。


・桐藤忌
これまでは首都圏下の一ベッドタウンに過ぎなかった春日部市が自らの書いた漫画により、一躍全国区にのし上げる事に貢献した当市出身の臼井儀人先生に因み、加えて市の木であり、市の特産工芸品のタンスの材料ともなる「桐」と市の花でもあり市東部の牛島公園に名所がある事で知られる「藤」を組み合わせて「桐藤忌」~きりふじき~はいかがなものでしょうか。
因みに臼井先生がこの世を去った秋の季語において「桐の実」「桐一葉」そして「藤の実」というのが出ており、ちょうど実がなって円熟してたころに先生が不帰の客となられてますので、ネーミングと意味が合致してるものと考えています。
以上の通りになりますが、私の提案である「桐藤忌」の内容です。


・クレヨン忌
・野原忌
シンプルに


・欅樹忌
埼玉県の県の木がケヤキなので


・便座忌
趣味が便座鑑賞だったので


・月見忌
命日が9月、月見のシーズンであることに、臼井先生のもうひとつの代表作「スーパー主婦月美さん」をひっかけての思い付きとのこと。 私(管理人注:はいじま氏)もこれを聞いて、「月を見ながら臼井先生を思い出す」という趣旨もあって良いんではないかと思いました。


呼称については私も色々と考えてみましたが、良い案が思い浮かびませんでしたので、自分の案をリストに加えることはしませんでした。

で、これらをどうやって選定するかですが、正直言いますと決めていません。「クレヨンしんちゃん研究所」を通じてネットで投票するという手もありますが、あまり集まらないとも思いますし、そもそもネットでの投票自体、私はネットで集まった「意見」をあまり信頼していないので、やろうという気が起こりません。

だからと言って、私自身で勝手に決めてしまうというのは気が引けますが。

いずれの方法で選んでも、日本全国のクレしんファンに命日の呼称が広まるということはないでしょうし。あくまでも、私のサイトを訪れてくれる方のみの間でしか知られない呼称になると思います。私が呼称を決定できないでいる理由でもあります。まあ、どうやって広げるかは決めてから考えてから良いのかもしれませんが。

いずれにしても、「研究所」の方でもう少し呼称の募集を続けていこうかと思います。それから、どう決定するかを決めようかと思います。

ちなみに、私は個人的におおみやっ子さんの提案された「桐藤忌」が最も相応しいように思います。このような呼称を提案されたおおみやっ子さんの理由についても、私も大いに共感できるところがありますので。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 臼井儀人先生の命日の呼称をどうするか

    Excerpt: 『クレヨンしんちゃん研究所』の「お知らせ」に長い間載せていました、臼井儀人先生の命日の呼称についてです。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2013-09-11 22:36