スキートゥウェンティシャッフル

前回の記事でも書きましたが、私は本日軽井沢へ友人たちとスキーに行っており、先ほど帰ってきました。友人のうち一人はスノーボードですが、私はスノーボードができず、もっぱらスキーです。私が数年前に行った時は、スノーボードの客の率が非常に高く、このままではスキーは廃れていくのかという懸念さえ覚えましたが、今回のスキー場はスキー客の率が高く、とりあえず安心しました(スキーとボードの比率は6対4くらいでしたかね)。

ちなみに、私はスポーツは基本的に苦手ですが、水泳とスキーは別です。水泳は普通に泳げるという感じですが、スキーはわりと滑れる方だと自負しています。半ケツすべりはまずできないですが(ただし別の意味で)。

スキーの後は、軽井沢を歩き回りましたが、冬季であるせいか店が閉まっているところが多かったですね。なかなか食事にありつけなかったのですが、とあるカレー専門店が開いており、そこで食事をとりました。それにしても、埼玉から軽井沢って近いんですね。車で高速を飛ばしても2時間かかりませんでした。友人の一人が軽井沢には何度も気軽に行っているようなことを話していましたが、納得がいきます。

さて、本日は成人の日で、私も今朝出かける時や行きのサービスエリアで振り袖姿の女の人を見かけましたが、2000年ころから暴れる成人とやらが問題視されており、青森県弘前市で式に出席した私の友人も、市長のあいさつ前に壇上に乗って、マイクで叫び、そのまま係員に退場させられたという話も聞きます。

(警告:以下、過激な内容が書かれていますので、文字を白くしてあります。ご覧になる際は、マウスをドラッグして文字を反転させてください。なお、本文の閲覧および内容に対する判断はあくまで自己責任でお願いいたします。本文によって生じるトラブル等に関しましては、管理人は一切の責任を負いかねます)

しかし思うのですが、あまりにも無能であったり、「カスカベボーイズ」のジャスティスのように(検閲により削除)な知事なら、むしろクラッカーで攻撃してやれなんて思うわけです。地方自治体は今色々大変な目に遭っており、もちろん原因は色々あるのですが、中には知事が無能で(自主規制により削除)なことをやっているから、なんてこともあるわけです(あえて例はあげぬ)。そういう知事に対して、新成人がレジスタンスの意志の表明ってことで、「知事うぜー!失せろ!死ね!(検閲により削除)!(自主規制により削除)!」とでも叫んで、クラッカーやエアガンで攻撃してやればいいじゃないんでしょうかね。そして、他の新成人たちはその同年代の若き勇士たちに拍手喝采を送れば、きっとその自治体も良い方向に向かうのではないかと思うのです。新成人になったからには選挙権が得られるわけですが、清き(?)一票よりも汚れ(?)の一撃の方が、よほど効力があったりするかもしれませんし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック