史上最大のヲタク街道(前編)

一昨年,私は「3分ポッキリ」を13回観て,昨年には「踊れアミーゴ」を14回観ました。
そして,今年は「ケツだけ爆弾」を15回観るという予定で,今までに私は14回の鑑賞をおこなってきました。そして,残すところあと1回となりました。

このような,作品の数の分の鑑賞は,今年で最後になると思いますので,残り1回悔いの残らぬ鑑賞(?)として,締めくくりたいと思います。
それにしても,同じ映画を10回以上も観るような人も珍しいでしょう。私も,2年前の「3分ポッキリ」公開直前まで,想像さえ出来なかった事です。

これまで「ケツだけ爆弾」を14回観てきて,様々な思いをこの作品に対して抱いてきました。他のクレしんの映画作品もそうなのですが,観るたびに何か気付かされる部分があるのですね。
「ケツだけ爆弾」を観て,ひなげし歌劇団の存在意義,夜桜,橋の下でちんすこうにしゃぶりつくしんちゃん,この作品が最も伝えようとするもの,などなど様々な事を考えさせられました。

最後の「ケツだけ爆弾」の鑑賞を終えた時,それは私にとっての,一つの時代の幕が下ろされる事も意味するのでしょう。

ムトウ監督流パロディシリーズ(その34)、でした。 なお、本パロディシリーズは次回が最終回です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック