侵食への対応

エンディングがなくなり,オープニングまで侵食され始める。
この現状には,私は不愉快な思いをしているのですが,私以外にも不愉快な思いをされている方は多いようです。というより,この現状を歓迎する方は,私が知る限りいないと思います。
この事に関しては,私のサイトの方でも取り上げてみようかと思っていますが,ちょっとまだ具体的な案は出ていません。もしかしたら,何もやらんかもしれませんが。
いずれにせよ,テレビ朝日側にもこの不評ぶりを意識して欲しいと思います。
まあ,今後どうなるのやら・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Mr.ギップラー
2015年10月12日 00:15
2015年でも、時間の短さ故にエンディングが封印されたままですね。一方、CSではエンディング封印以降の回でも暫定最後のエンディングになった「ありの歌」が使用されています。

地上波でエンディングを封印(希に映画公開直前などオープニングを省略しエンディングを流すパターンもあるが)するのは局のプログラム上仕方ないかもしれませんが、オープニングがあってエンディングがないという事に不満を持っている方は現在になって結構多くなっているのかもしれません。

まぁ、あと数十年程度も経てばもしかしたらプログラムの再編成などで以前のような30分になり、エンディングが再開する可能性はあると思いますが…
チョルス
2015年10月12日 22:50
DVDの方でも『ありの歌』が使用されているので、今でも公式にはEDが廃止されたわけではなく、単に一時的に使用が中止されているという建前のようです。
今の24分放送は異常であって、30分放送、EDもきちんと流すというのが、『クレしん』のテレビアニメの本来のあり方だという意識を今後も持ち続けて、機会があればそういう主張をしていこうと思っています。

この記事へのトラックバック