クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS クレイジー・トラベル(その64)

<<   作成日時 : 2006/08/18 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ルーヴル美術館見取り図

クレイジー・トラベル(その45)で掲載しているハムラビ法典の写真は、この時に撮影したものなのですね。というわけで、私は再びハムラビ法典も見ていますが、何度見てもなかなかのものです。
ハムラビ法典があるのはリシュリュー翼なのですが、私はどうやってルーヴルを回るのか、特に計画は立てておらず、そのためかなり効率の悪い回り方をしていました。とにかく、まだ行っていない所や、自分の気に入った作品を見るなど気の向くままに行動していました。リシュリュー翼、シュリー翼、ドゥノン翼や各階の移動などもかなり骨が折れたものです。とにかく疲れましたね。
私はリシュリュー翼の2階にあるナポレオン3世の居室に行きたかったのですが、なぜか途中で迷ってしまい、午後9時を越えてしまったため、もう見る時間は無いと思いました。
というわけで、ドゥノン翼の2階に戻り、モナリザを再び見ることにしました、一昨日の時とは違い、かなりの人がいました。どうも、修学旅行か何かの、どこかの学校の団体がいたのですね。それでも、再びモナリザを間近で見ることができましたが。
さて、午後9時半過ぎ、モナリザのある部屋が警備員によって封鎖されました。そして、私がサモトラケのニケの方(シュリー翼の方)へ向かおうとすると、警備員にここから先は駄目だと言われ、引き返しました。で、私は他の大勢のお客さんと共に、ドゥノン翼の階段とエスカレーターを使い、地下の出口へ向かいました。
開いている通路や出口がもう限られていたので、階段やエスカレーターは相当混んでいましたね。
出口を出た後、私は地下鉄に乗って、ホステルの方へ戻りました。ホステルに戻ったのは午後10時15分頃、私はフロントに部屋の鍵があるかを尋ねたところ、無いという返事だったので、誰かが部屋にいるなと思い、部屋へ向かいました。ところが、鍵がかかっていました。私は何度もノックしたり大声を出したりしましたが、何の反応もありません。さて、どういう事なのか、真相は次回に。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

クレイジー・トラベル(その64) クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる