クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ「ドラえもん」を守る会wiki

<<   作成日時 : 2017/10/09 20:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

かつて、「アニメ「ドラえもん」を守る会wiki」というページが存在しました。

今もトップページだけ残っています。2010年9月18日以来、無期限の休止となっています。

この会は、2005年以降に『ドラえもん』の声が水田わさび氏に変わってから、『ドラえもん』の作風があまりにも変わってしまったことから、それに危機感を抱いたファンが立ち上げたらしいです。

活動については詳しく知りませんが、なんでもテレビ朝日に公開質問状まで出したらしいです。ただ、返答はもらったものの、当たり障りのない内容で、出した方は事実上の回答拒否とみなしたようです。もっとも、傍から見れば相手にされていない感じでもありましたが。

やはり、大手のテレビ局にしてみれば、ネット上の「団体」などどうでも良いのでしょうかね。おそらく、『ドラえもん』を守ろうにも暖簾に腕押しという感じがあったのかもしれません。

私も『クレしん』の対応に対して、テレビ朝日の悪口を書くことがありますが(最近ではこの記事)、まあ色々大人の事情もあるんだし、仕方ないかもしれないけどさぁ、という気持ちがあったりもします。

テレビ朝日ほどの大企業なら、数えきれないほどの利害が絡んでいるでしょうから、『ドラえもん』の変質や『クレしん』の24分放送もしょうがねえなぁと、思うこともあるわけです。精神年齢は12歳と書いた私も、良くも悪くも大人に成長したようです。「良くも」は社会人としての常識やマナーが曲がりなりにも身についてきたこと、「悪くも」は自己保身ばかりを考えてしまう、ということでしょうか。

さて、その後『ドラえもん』がどうなったかというと、水田わさび氏の声は子供たちに受け入れられているようです。むしろ、大山のぶ代氏の時代を知らない、大山氏時代に違和感を覚えるという子供も出てきているらしいです。

そう考えると、テレビ朝日の『ドラえもん』の扱いは、あながち間違っていなかったと言えそうです。「アニメ「ドラえもん」を守る会wiki」の活動が停止したのも、「番組の現状に不満がないわけではないのですが、今のところは事を荒立てる必要がないと」、水田氏の『ドラえもん』を概ね受け入れることができたようです。10年前にこういう記事を書いた方もいらっしゃいましたが、杞憂だったようです。

一方、『クレしん』に対して、テレビ朝日は24分放送をずっと続けている、何週間も放送が開くという仕打ちを何年も続けています。しかし、明確にとんでもないことをやっているというわけでもないので、25年もファンをやっている者からすると、「生かさず殺さず」という状態に見えなくもないです。

ちなみに、私は「アニメ「クレヨンしんちゃん」を守る会」を立ち上げるつもりはありません。私にも生活があるので、あまりそういう事に時間はかけられません。うーん、こう考えるのも自己保身なのでしょうか。あと、テレビ朝日にも大人の事情があるんだし、と思ったりもします。世の中の仕組みが少しは分かってきているようで、前述したように大人に成長しているようです。

ただ、24分放送と長期間の放送休止は看過できないので、これからも批判記事を書くと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県
アニメ「ドラえもん」を守る会wiki クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる