クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「爆睡! ユメミーワールド大突撃」がテレビ放送

<<   作成日時 : 2017/04/13 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年公開された第24作目の映画『爆睡! ユメミーワールド大突撃』のテレビ放送です。

前回と「立場」は入れ替わっていて、最初は『ドラえもん』のテレビアニメが放送され、次に『クレしん』の映画という流れです。

その前に、「映画クレヨンしんちゃん25周年公式ガイドブック」(双葉社)が発売される予定でして、抽選で30名の方がもらえるそうです。この本の発売日は4月14日とのことですが、アマゾンでは4月12日から発売されるそうです。ただ、ページ数は96ページなので、それほど深い内容ではないかもしれません。

さて、『爆睡! ユメミーワールド大突撃』がいよいよ開始ですが、パンツ(トランクス)一丁で粉剃(ふんぞり)社長に謝罪する川口。さらにパンツも脱ぐことを強要されますが、スーパーCEOマンことひろしが登場。

銀座のホステスの名刺手裏剣で粉剃(ふんぞり)社長をパンツ(ブリーフ)一丁にします。これで、見事解決しますが、スーパーCEOマンの台詞がかっこよすぎです。

頭は下げてもパンツは下げるんじゃない。

男のパンツは最後のフォーマルウェア

ビジネスはお互いに裸になる所から始めなければ



最後の台詞は、やっぱりサウナに行くのが良いですね、と思ったりします。この作品は劇団ひとり氏が脚本をたんとしているので、キャラクターの台詞をかなり意識して聞いていましたが、なかなか味わい深いです。

しかし、ひろしは巨大な魚に飲み込まれ、ここで夢オチだったと判明します。

みさえは元カリスマホストの城咲仁(しろさきじん)に迫られますが、みさえも魚に飲み込まれます。

そして、ひまわりは巨大化していて、しんのすけをしゃぶる夢を見ていて(劇場ではここで笑い声が起こっていました)、小さいみさえとひろしからミルクをもらっていると、魚に飲み込まれます。

シロも、『3分ポッキリ大進撃』の時のような、妙に長い手足の姿になって、巨大な魚から逃げますが、やはり飲み込まれます。

最後にしんのすけ、『サウンド・オブ・ミュージック』を彷彿させる(短編の『クレしんパラダイス』でも同作のパロディがありましたな)ところで、ななこに耳掃除をしてもらっていて、妙に良い雰囲気になっていると魚に飲み込まれます。
お股はツルツルのしんのすけは巨大な玉に乗っていまして、野原一家や幼稚園のみんなも同様でした。

ユメミーワールドが起動したのです。

で、ここで粘土アニメのオープニング。オープニングもしっかり放送してくれるところに好感が持てます。

OP後、冒頭の夜から朝となって、みさえに起こされるしんのすけから始まります。玉突き事故、空港で運行ストップ、汚職事件の判決といった新聞の記事を口にだすたびに、変な想像をするしんのすけです。

また、隣の越谷市の集団悪夢シンドロームも新聞に出ていて、野原一家は全員巨大な魚に飲み込まれた夢を見ていた事が分かります。これは、『戦国大合戦』の冒頭場面に似ていますね。

ここでCM。

幼稚園の場面では、かすかべ防衛隊のメンツも同じ夢を見たそうで、越谷の件をボーちゃんは集団ナイトメアシンドロームと呼びました。マサオ君は新作漫画をネネちゃんに読んでもらいますが、内容はお察しくださいという感じですな。

さて、ひまわり組に転入してきたお友達がいました。名前は貫庭球(ぬばたま)サキそういえば、ちょっと気になったのは、なんでサキは幼稚園のスモックを着ていないのでしょうか。まあ、チーター河村もオリジナルの服ですが。

サキは無愛想極まりないですが、妙に可愛いようで男の子からもてますが、ネネちゃんは嫉妬します。しかし、ネネちゃんは男の子たちから無愛想に扱われ、さらにサキにも突き飛ばされます。

サキはひまわり組の園児をバカ呼ばわりしまして、しんのすけはケツを割り箸で割って自己紹介しますが、やはり突き飛ばされます。

短期入園申込書の場面では、サキの住所は「埼玉県春日部市格生町100-」のところまで判明しています。やはり、映画では「春我部」ではなく実在の「春日部」なのですね。あと、園長の本名は高倉文太であることが、改めて分かります。

サキが園庭にいる場面でCMです。

その後の夜、ユメミーワールドが作動しまして、春日部の人々が夢の中で、ボールの上に乗っています。ひろしとみさえのボールは異様に小さいです。あと、三ッ千ーとヨツソソの玉も小さいです。

しんのすけら子供の玉は大きいです。また、シロも大きいです。人間の無意識は深いところでつながっているというシンクロニシティという発言をするボーさまマジスーパーエリート。それで、夢かどうかを確認するために顔中をつねられるマサヲマジ涙目。

マサオ君は漫画家になる夢を望むと、売れっ子漫画家に変身するマサオ君です。アクション出版の山田から原稿を依頼され、スラスラ漫画を描いてしまうマサオ君です。他の子どもたちも夢を現実化させます。風間君は選挙運動をやります。ところで、山田は実在のモデルがいるそうです。

ネネちゃんはアイドル、スパエリのボーさまは自ら石になります。

シロは『3分ポッキリ』の時のような、四肢が異常に長い姿になります。

みさえとひろしも夢を叶えようとしますが、異様にチャチで、動物の着ぐるみのようなものに、暗い別世界へと放り込まれます。他の大人たちも同様。ここでCMです。

その暗い世界では、巨大な魚がいまして、大人たちはその魚から出てきたのですね。で、この世界でひろしはスーパーCEOを全会一致で退任させられ、みさえは城咲から店のツケである300万を請求され、他の大人たちも悲惨な目に遭います。

一方、明るい方の世界での中心と思われる所では、サキが父親の夢彦と一緒にいました。暗い世界にいるひろしとみさえなど大人たちは、妙なものに飲み込まれて目を覚まします。集団悪夢シンドロームを自覚する二人です。

妙なヘッドギアを付けていたサキも目を覚まし、母親の写真を見ます。夢彦はサキに朝食を差し出します。この場面でポテトチップスや缶の野菜ジュースがあるところに、どんな家庭環境かが垣間見られます。

ここでCMです。

幼稚園で、しんのすけたちは良い夢を見た心地良さに浸っていますが、サキは相変わらず無愛想。そのせいで、チーター河村とてるのぶとひとしに絡まれます。そして、ポケットに入れていた人形を取られて、取り戻して逃げます。

サキはすべり台で捕まりそうになりますが、しんのすけが助けに、というか邪魔しに来ます。てるのぶがパンチを喰らわそうとすると、しんのすけのお尻に直撃。さらに、しんのすけの生尻とオナラがチーターの顔を直撃。実は、この時にてるのぶが「なんか付いてるー!」と叫ぶところは、私がこの作品で最も印象残っている場面です。そりゃしんのすけの尻に手を突っ込んだら「なんか」付きますわな。

で、謝りもしなければお礼も言わないサキの強情ぶりに却って好感を持つネネちゃんです。

夜、ひろしが起きると言えの中に川口がいました。ひろしは夫をクビになったそうで、例の暗い世界にいました。そこにはみさえもいまして、ひろしを慰めようとしますが、無駄です。

一方、しんのすけは明るい方の世界で「ドキッ!おねいさんだらけの丸ごと水泳大会」を楽しんでいまして、マサオ君も超売れっ子漫画家になっていました。『いがぐりマサちゃん』の単行本が1億部を突破したそうで、1巻から5巻までの単行本が映っていますが、どこかの作品にそっくりですね。こういう遊び心はファンとして嬉しいです。

『いがぐりマサちゃん』はハリウッドから映画化のオファーも来たそうですが、『クレしん』のハイウッド進出がいつかな。まあ、実写は無理でしょうが。原恵一監督も、インタビューで『クレしん』の実写は無理と言っていましたし。このページから引用します。


「男の子がしんちゃんのマネをしたCMがあったんですよ。で,それを見た時に,実写じゃしんちゃんは無理だと思ったんですね。あのー,なぜかと言うと,ものすごく気持ち悪かったんですよ(笑)。あのー,こんな小さい男の子が,あのー,きれいなおねいさん追っかけて,「ねーねー,おねいさんどっか行こうよ〜」とかって言われても(爆笑)。本物がやったらこんなに気持ち悪いのかと思って,こりゃ,実写じゃ無理だろうと」


ここで、風間君は夢が吸われていることに気付き、マサオ君も暗い世界に放り込まれます。サッカー選手らしき姿をしていたチーターも、甲冑姿のひとしも、王子様の姿のてるのぶも同様です。ツーカ、てるのぶとひとしは何の夢見てたの?

夢彦は悪夢の力が強くなっているので、夢を全部吸い取ろうとします。そして、暗い世界に放り込まれたマサオ君は、山田に奴隷のように漫画を描かされるスランプオニギリと化していました。マサヲ涙目w

はい、CMですね。

朝、マサオ君もげっそりでして、風間君は夢を吸い取っていることを目撃したと言います。というわけで、かすかべ防衛隊が動き出そうとしますが、マサオ君がげっそりなのでネネちゃんはサキを誘うことにします。

さっそく家に行ってみますが、誰もいないようです。しんのすけは庭に潜入しますと、シャベルを持ったサキに追い回され、廃棄物が置かれたところに行きます。ただのゴミ置き場ですが、ここがかすかべ防衛隊の秘密基地となります。

追ってきたネネちゃんはサキに入隊を勧めますと、サキは自分の事を嫌いにならないことを条件に入隊します。サキは少し心が開いたようです。夢彦が車で家に帰ってくると、しんのすけたちはかすかべ防衛隊の秘密基地の看板を掲げ、「かすかべ防衛隊ファイヤー!」をやり、サキも戸惑いながらやります。一方、夢彦は見て見ぬふりをします。

夜、ひろしとみさえは悪夢でげっそりしていました。ただし、みさえはゲンコツができて、幼稚園が明日から休みだということをしんのすけに伝えられる元気がまだ残っていたようです。

そして、ひろしとみさえは夢の中で巨大な魚の口の中に入り、明るい世界へ出ようとしますが、お尻から出されて暗い世界に逆戻り。

夢の中で夢彦が家に誰も入れるなと言ったとサキに言うと、仲間のフリをしていたと言います。ユメミーワールドの秘密を知られないように釘を刺します。サキの庭で、風間君以外の防衛隊が遊んでいると、しんのすけはサキのぬいぐるみに関心を示します。

そのぬいぐるみは獏(ばく)で、悪い夢を食べる中国の伝説の生き物で、ボーちゃんは「大和田」とつぶやきます。そこへ風間君がやってきて、サキは夢の世界にどこにもいなかった、サキが来た時からこの世界がおかしくなったと怪しみ、家の中を見せてと言います。しかし、しんのすけはサキをかすかべ防衛隊の一員だからと信じます。

CMと『襲来!! 宇宙人シリリ』の特別映像が流れました。そして、『爆睡! ユメミーワールド大突撃』も後半戦です。

サキは母親に慰められ、悪い夢を食べてくれる獏のぬいぐるみをもらう様子を見ますが、サキは母親が化け物になり、足を掴まれるという夢を見ます。夢彦はサキを起こして、ヘッドギアを付けなかったことを詰ります。サキは単に忘れただけだとのことで、ヘッドギアを付けてまた眠りに就きます。

夢の明るい世界で、風間君はしんのすけとネネちゃん、さらに小さい石とかしたスパエリボーさまを集め、自分の選挙カーに乗せます。選挙カーはサキのいるところへ突っ込んでしまいます。風間君たちはこの世界はサキのものだと認識しますが、暗い世界へと放り出されてしまいます。ただし、しんのすけだけは巨大化したひまわりに助けられますが。

暗い世界で、石のボーちゃんは犬におしっこをかけられ、風間君は5歳のくせに選挙に出ようとして、25歳でなかったため、法律を犯していたという実に夢の無い話から、風間ママにオシリを叩かれ、ネネちゃんはファンから幼稚園のお遊戯会からマサオ君の熱愛記事を突き出されます。ネネちゃんの場合、「ざまあ」と思わなくもなかったりして。

ところで、キャスト名の欄で「ヲタA 小川一樹」、「ヲタB 矢嶋友和」となっていましたが、ネネちゃんがアイドル声優だったら、「声豚A」と「声豚B」になっていたのかなと思ったりしました。

夕方、サキの庭にはしんのすけしか来ませんでした。サキはしんのすけに、自分は普通の夢が見られないので他人の夢のエネルギーを吸い取っていたこと、もうすぐ別の町に引っ越すと言いますが、しんのすけはサキが独りぼっちにならないように、サキを助けると言います。サキは泣き出してしまい、戸惑うしんのすけ。

そして、しんのすけは野原家にサキを連れて行き、お好み焼きを食べさせます。みさえは夢彦と連絡を取り、夢彦はサキを連れに野原家に向かいます。ひろしとみさえも夢についての事情を知り、しんのすけは獏を夢の中で見つけて、サキの悪夢を食べてもらうという作戦を立てます。夢ならいると主張するしんのすけです。

夢彦がサキを迎えに行くと、ひろしとみさえは夢彦に夢の件で抗議しますが、サキを救えるのは自分しかいないと反論します。サキは戸惑いながらも車に乗り、返ります。みさえは夢彦に怒り、お好み焼きをむさぼり食います。

CMです。

サキはヘッドギアを付けて、夢彦がユメミーワールドを起動させると眠りの世界へ。一方、野原一家は作戦会議です。そして、ひろしとみさえを子供になりきる作戦を実行します。大人の夢はすぐに無くなってしまうため、子供になりきれば夢が無くならないという理屈です。

野原一家おやすみファイヤー!ということで、眠りの世界へ。

しんのすけとひまわりとシロは、大きな玉に乗って、サキのとことへ行こうとしますが、夢彦が妨害します。ひまわりとシロは奮戦しますが、ひまわりとシロは暗い世界へ強制排出してしまいます。

サキは獏を探しに行くので、出してほしいと言いますが、夢彦はいないと一蹴します。しんのすけは玉を投げて、敵ぬいぐるみのようなのをそちらへ引き寄せると、しんのすけとサキは暗い世界へ行きます。

ここで、先に入っていた巨大なひまわりに助けられますが、その世界に怯えるしんのすけです。さらに、ひろしとみさえもやってきますが、巨大な魚に乗った夢彦が追いかけてきます。しんのすけとサキは巨大なシロに乗って逃げます。

ひろしとみさえは、心から子供になって夢見るエネルギーがあることを信じながら吸い込まれます。すると、明るい世界の方へ行くことができました。しかし、玉が小さくなってしまうので、子供なりきります、みさえは玉を一輪車に、ひろしは三輪車に変えて、魚の頭へ向かいます。

そして、二人は夢彦の居る指令室らしきところへ入り、夢彦を妨害します。みさえは魚をメチャクチャに操縦して、魚が転んでしまいます。

サキはしんのすけを凄いと言いますが、サキは自分が防衛隊に認められたことに涙を流します。さて、しんのすけたちはお尻を叩かれている風間君を助け、さらにマサオ君とボーちゃんとも合流。ヲタ(声豚?)に絡まれていたネネちゃんも助けて、獏を探しに行きます。

その頃、ひろしとみさえは子供のごとく振る舞って夢彦を妨害しますが、たとえ世界中が不幸になろうが、自分の娘を守ると言い張る夢彦にたじろぎ、三輪車と一輪車が不安定になりますが、再び子供になって、鼻くそで攻撃するひろしとみさえです。そういえば、このページで書いた3歳の女の子ですが、最近「うんちー!」というのがマイブームらしいです。子供って、下ネタが好きですよね。

しんのすけとサキはシロに、風間君たち4人はひまわりに乗って進みますが、暴走族が追いかけてきます。ひまわりはおならで撃退しますが、"fröhlicher Yasumura"こと「とにかく明るい安村」が穿いていない状態で追いかけてきます。

さらに、先には崖が広がっています。シロはジャンプして崖を飛び越えますが、「とにかく明るい安村」に押されたひまわりは崖に落ちてしまいます。

CMです。

しかし、ひまわりは自力で崖から這い上がってきました。獏がどこにいるかは分からないものの、とにかく以降となりますが、ひまわりが泣き出して、元の大きさに戻ってしまいます。

すると、巨大な獣が表れたので隠れまして、バレそうになると風間君の選挙カーで逃げようとします。しかし、エンジンがかからないので、シロがヒモで引っ張ります。

その頃、夢彦は魚で追いかけていまして、みさえとひろしは明るい世界の方で奮戦していました。その様子に苛立った夢彦は二人を暗い世界の放り込もうとしますが、ひろしは敵たちを放り込んで、さらに夢彦のところへ来ます。

みさえは子供のためならなんでもできると言いましたが、過去にみさえは『ブタのヒヅメ』でも同じような台詞を筋肉に行っていましたね。で、ひろしは股間の毛を剃り上げていたのですね。みさえはどうなのかな。

しんのすけたちは獏を探しますが、見つかりません。ネネちゃんがだんまりのサキを責めようとすると、サキは謝ります。そして、シロも元の大きさに戻り、選挙カーを引けなくなります。

さて、CMです。

ネネちゃんは獏なんていないと言いますが、みさえの夢に出てきた元カリスマホストの城咲仁が出てきて、獏がいる方角を教えます。

その先を歩くと、ボーちゃんが獏を見つけたようです。そこにいたのは確かに獏ですた。獏は獏でも大和田獏でした。ちなみに、大和田獏氏のお兄さんの大和田伸也氏は『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』で鉄拳寺堂勝をやっていました。

ボーちゃんは獏氏にサインをねだっている間、みさえとひろしは夢彦を捕まえられずにいまして、夢彦によるとサキには悪夢の元凶があるようです。

ボーちゃんは大和田獏氏と談笑していますと、悪夢である物質を食べてほしいと言われ、獏氏は逡巡するものの、しんのすけたちに応援されて、噛みつきますが、遠くへ飛ばされます。

さらに悪夢がサキを捕まえます。しんのすけは確かに行こうとしますが、その悪夢の正体は化け物と化したサキの母親でした。風間君たちも全員巻き込まれていきます。化け物は巨大な魚にも食らいつきます。

CMです。

ユメミーワールドの装置が壊れます。野原一家も目を覚まし、悪夢の正体はサキの母親でした。野原一家で車でサキの家に行きます。風間君、マサオ君、ボーちゃんも来ていまして、中に入ろうとすると、サキは暴れていました。

サキはみんなの夢を吸い尽くして、吸い尽くしたら引っ越すというのを繰り返すのに耐えられなくなったのです。友達を作りたかったのです。そう訴えたサキは倒れて再び夢の世界へ。無理に起こすと心がちぎれてしまうそうです。

そこへネネちゃんが登場。しんのすけたちはサキの夢の中に入ると言いまして、夢彦に目で訴えます。そして、かすかべ防衛隊の秘密基地である庭のゴミ捨て場でしんのすけらかすかべ防衛隊の5人は「おやすみなさーい!」と眠りにつきます。

夢彦によると、母親のサユリは研究中の事故で、サキをかばって亡くなったことで、サキは罪悪感を抱き、母親は自分を恨んでいるのだと、悪夢に取りつかれるようになったのです。

夢の中で、先は化け物の母親に食われそうになっていましたがしんのすけたちが助けます。マサヲはサキの前でかっこつけようとしますが、足が震えたりします。

化け物がサキをまた追ってくるので、しんのすけは化け物にしがみつき、オナラで動きを少し遅くし、さらにケツで化け物にしがみつきます。

そして、しんのすけはサキが持っていた獏のぬいぐるみそっくりに変身します。獏になったしんのすけは化け物を食べますが、いくら食べてもキリがありません。ちなみに、しつこい味らしいです。

さらに、ネネちゃんは巨大なカニに変身し、化け物の体を切っていきます。風間君は飛行機に変身し、しんのすけを助けます。マサオ君は鬼の山田に無理やり漫画を描かされますが、漫画の中の「ペンは剣よりも強し」という台詞を読んで、巨大なペンを武器に山田と戦います。

しんのすけは飛行機の風間君に助けられつつ、化け物の頭を吸い取りますが、効果がありません。そこへ、小惑星イトカワと化したボーちゃんが化け物に衝突。キノコ雲を起こします。まさにボーさまの破壊力はスーパーエリート級です。

現実の世界では、しんのすけたちはうなされており、みさえも夢に入ると言います。ただし、サキの夢ではなくしんのすけの夢にです。みさえは、サキに伝えなければならないことがあるそうです。なお、みさえの寝つきの良さはのび太並みでした。

CMです。

大爆発の後、夢の中ではしんのすけは地面に埋まり、お尻を出した状態のスケキヨとなっていまして、サキが救い出します。すると昔の、母親が死んだ当時のサキが出てきて、ママを消してしまうのかと今のサキを責めます。さらに、しんのすけの周りには"fröhlicher Yasumura"こと「とにかく明るい安村」が参上。やはり穿いていない

昔のサキは今のサキにずっと苦しまなければならないと責めます。やはり、昔のサキは今のサキの罪悪感が具現化したもののようです。そこへ、みさえが乱入。「とにかく明るい安村」を撃退し、サキに親の愛情を熱く語り、獏のぬいぐるみを渡します。

すると、先の目の前に母親が出てきて、サキが泣いて謝ると、母親はサキを悲しました自分が悪いのだと言います。サキは母親に抱かれ、その愛情を理解します。実際にサキを抱いていたのはみさえで、悪夢は消えていきます。

昔のサキは消えてしまうのかと不安になると、今のサキは自分の中にいて良いと言います。風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんが来た時には昔のサキは消えていました。サキにはまだ悪夢は残っているものの、うまくやっていけそうとのことです。

これで、でめたしでめたし。というわけで、いつものいきます。今回はサキが音頭を取って、「かすかべ防衛隊ファイヤー!」

この後、サキは(夢彦の都合で)外国(おそらく米国)に引っ越したようで、サキからの手紙を幼稚園で読んでいたかすかべ防衛隊の面々ですが、しんのすけは寝てしまいました。

さて、この後はEDですが、カットされずに放送されました。


「東西南北あっちむいてホイ!」

今回は実写のしんのすけ(着ぐるみ)と『襲来!! 宇宙人シリリ』にゲスト出演する志田未来氏による、ヒップホップのあっちむいてホイです。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけと志田氏が向いたのは東でした。私は録画したのを深夜に観て、ボーっとしていたので参加し損ねました。


映画 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃【Blu-ray】 [ 矢島晶子 ]
楽天ブックス
矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 高橋渉 ※本商品はBluーrayDisc Videoになります。D


楽天市場 by 映画 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃【Blu-ray】 [ 矢島晶子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
最近、埼玉県下草加市にてトラックと乗用車、歩行者を巻き込んだ事故で、母親が咄嗟に我が子を庇って、母親はお気の毒だったものの、その子どもは軽傷で済んだ交通事故がありましたけど、母親っ子だったその子は、マスコミの取材に応じる父親に抱っこされつつ、「ママ、ママ」と泣きじゃくってる姿は、サユリの死に直面したサキの姿とオーバーラップしてしまったのは、正直いって私もそのニュースを知ったさい、その様に感じてしまいました。

『ユメミーワールド』の公開直後に出た絵本『ママがおばけになっちゃった』(のぶみ先生)や、草加での交通事故禍と、『ユメミーワールド』と類似の内容ゆえに、『ユメミーワールド』は現実の世界にて起こりうるため、忘れる事が不可能な作品だと私は思います。

以上をもちまして、私はこの辺にて失礼します。
盆栽すし
2017/04/18 11:12
母親が子供をかばうことで、子供の命を助けるというのは、親として本能的な行動だと思いますが、子供にとってはトラウマや罪悪感を抱かせてしまい、将来に大きな影を落とすことになるかもしれません。もちろん、子供の命が助かることは不幸中の幸いと言えるでしょうが、その後のケアは欠かせないでしょう。
チョルス
2017/04/18 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県
「爆睡! ユメミーワールド大突撃」がテレビ放送 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる