クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 疑似北極の顔面描写論

<<   作成日時 : 2017/02/23 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2月17日のテレビアニメ感想いきます。

「ネネちゃんがソーグーしたゾ」(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)

銀河系第3惑星の地球を、400億の同胞と共に支配しようとする連中が春我部に降り立ち、寝ているひまわりに取りつこうとします。しかし、ひまわりが腕を動かすと、極小のUFOを跳ね飛ばします。極小UFOが地球を侵略しようとした連中でした。ひまわりの体の大きさに恐れおののき、地球侵略を諦めたのでした。


「恐怖のフランス人形だゾ」(脚本:阪口和久、絵コンテ・演出:平井峰太郎、演出助手:今村洋輝、作画監督:木村陽子、原画:木村陽子、海老原尚樹)

かすかべ防衛隊の5人が歩いていると、ボーちゃんがショーウィンドーに指を差します。そのショーウィンドーにはフランス人形が並んでいました。

ボーちゃんはおばあちゃんから、こんな話を聞いたそうです。昔、外国に人形が大好きな女の子がいて、引っ越した時にその人形を忘れてしまったそうな。すると、置き去りにされた人形が動き出して、今に至るまで女の子を探して街の中をさまよっているそうです。

マサオ君は怖がり、風間くんが手に肩を置いただけで怯えてしまいます。家に買えるとマサオママがフランス人形を持っていて、怯えてしまいます。しんのすけが家に買えると、マサオ君から借りたマフラーを返さずにそのまま首に巻いているので、みさえから返すように言われます。しんのすけはアクション仮面がもうすぐ始まるので嫌がりますが、みさえはさっさと行けと言います。

マサオママの持っていたフランス人形は、子供の頃に買ってもらったもので、押入れを整理していたら出てきたそうです。マサオママは買い物に行き、マサオ君は家の中で一人きりになります。昼間の家の中で一人きり、子供にとって恐怖になる場合がある事を見事に表現していると思います。

さて、しんのすけはマサオ君の家に着いたつもりが、向かいの家でして、家の人に間違いを指摘されます。本物の佐藤マサオ君の家に行きます。その頃、マサオ君はトイレに入っています。

ところで、このトイレはウォシュレットが付いていないようですが、野原家もウォシュレットが付いているのにマサオ君の家は遅れていると思ったりします。その頃、しんのすけはマサオ君の庭の鍵がかかっていない窓から勝手に侵入。フランス人形を発見して、その人形は店から移って来たと思って手にしますが、アクション仮面が始まるので人形を戻して家から出ます。

この直後、マサオ君が居間に戻りますが、それまで立っていた人形が座っているので怯えます。きっと、ママがきちんと立たせていなかったので、物理的法則で座ってしまったと解釈しますが、人形があまりにも気味が悪いので、顔が見えないように後ろを向かせます。マサオ君がおやつを取りに居間から出ると、マフラーを返し忘れたしんのすけが戻ってきます。

すると、人形が後ろに向いているのを見て、前向きに戻します。しんのすけが(マフラーを返さずに)出ていくと、マサオ君が戻ってきて、人形が前になっているのを見て、泣き虫オニギリの本領発揮。泣きながら2階へ駆け上がって行きます。すると、しんのすけがマフラーを返しにまた戻ってくると、マサオ君が置いていったチョコビを発見。封を開けて食ってしまいます。

マサオ君はベッドの中で怯えていまして、チョコビを食べ終えたしんのすけは、アクション仮面を見ようとリモコンを探しまして、人形を床に放り投げます。恐る恐る戻って来たマサオ君は、人形だけを目撃して、一人でに動いているかのように見えて階段で怯えます。

そして、しんのすけはマフラーを人形にグルグル巻きで巻きつけまして、家を出ます。その直後、人形がマフラーの重みで床に倒れます。倒れた音を聞いたマサオ君が恐る恐る今の様子を見ると、マフラーの一部だけを見ます。マフラーを掴んでひっぱると、目の前に人形が。それを見て「叫ぶ」マサヲでした。

その後、マサオママが買い物から帰ってくると、マサヲはマフラーを布団代わりに、フランス人形と一緒に寝ていたのでした。それを見たマサオママは可愛いとのこと。

この話は、『新クレヨンしんちゃん』の単行本第6巻に掲載されてる第113話(『まんがタウン』の掲載時では第114話)をアニメ化したものですが、漫画版は日本人形でした。なぜ、アニメではフランス人形に変更となったかは分かりません。内容は、細かい点で異なるところが多々あるものの、概ね漫画版と似たような展開でした。

それと、今回の話は、この怪談を思い出したりしました。リンク先の怪談は日本人形ですが。

Aパート後、映画の『襲来!! 宇宙人シリリ』の公開まであと8週の告知がありました。

「寒くても外で遊ぶゾ」(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督:橋本とよ子、原画:樋口善法、石井智美)

中弘子さんの脚本です。最近は最初期から脚本を担当してきた翁妙子さんや中弘子さんの作品が観られなくなってきましたので、こうして中さんの作品が観られるのは嬉しいことです。

冬の寒い日、野原家ではひろしとしんのすけがコタツでくつろいでいましたが、ひまわりを背負ったみさえが掃除機で掃除を始め、邪魔だからということで、みさえに追い出されます。みさえは1時間くらい時間を潰してくれれば終わっていると思うと言いまして、さらに銀の介からもらったタコを持ってきて、それで川の土手で遊ぶことに。土手で二人は北極並みに寒いと言いますが、北極に行ったことがありません。

ちなみに、私(チョルス)は北極に行ったことがあります。イギリスにいた頃、スヴァールバル諸島という北極圏内にあるノルウェーの離島へ旅行に行ったのです。

2009年6月20日〜23日の期間でして、真夏なのに最高気温が5度とか8度とか、まさにしんのすけたちが体感している真冬並の寒さでした。尤も、海洋性気候なので気温の差は激しくなく、冬でもマイナス20度は下回るものの、極端に寒くなることはないようです。

なお、この記事を書いた直後(イギリス時間では午前2時頃)、私は荷物の支度をして、空港へ向かいました。当時住んでいたニューカッスルからロンドン、オスロを経由して、スヴァールバル諸島のロングイェールビーン行きのスカンジナビア航空4494便に乗りました。この飛行機は、ノルウェー本土で最北端のトロムソに一旦降りた後、ロングイェールビーンに行きました。

ニューカッスルの空港に戻ってきたのは6月23日の21時頃、当時住んでいた大学の寮に戻ると、私はひと晩寝てこの記事のクリラの中の人さんからのコメントを返信しました。イギリスでは朝の7時過ぎでした。

ちなみに、下の画像は夜中の23時半過ぎに撮影しました。夏の北極なので、太陽は沈まないで北から照っているのです。実に刺激的な体験でした。


画像


実は、私はイギリスにいた時、冬のスヴァールバル諸島にも訪れる計画を立てていましたが、残念ながら実現はなりませんでした。

話を戻します。ひろしとしんのすけは風が吹く中タコを上げようとしますが、しんのすけは走ろうとするも寒くて止まってしまいます。今度はひろしがタコを上げるのに走りますが、走ると暖まると言われたしんのすけも一緒にに走ります。ひろしに注意されて、しんのすけはタコを手放しますと、タコが上がりますが、しんのすけは寒がってひろしの上着の中に入ります。

くすぐったい思いをしたひろしはヒモを話してしまい、タコは飛んで行ってしまいます。ひろしたちが追いかけると、タコはカラスに破られて、川に直撃。ヒモを引いてタコを上げると、骨組みしか残っていませんでした。それにしても、あのタコに描かれていた顔は妙に滑稽で、Aパートのフランス人形とは違った趣がありますね。タコをゴミ箱に捨てて、残りの時間をコンビニで肉まんを買い、それを公園で食べようとなりました。

コンビニに入ると、しんのすけはチョコビアイスが全部揃っているのを見て、チョコビアイスをねだります。公園でさっそく食べると、やはりアイスの冷たさに震えるしんのすけ。ひろしの肉まんと交換してもらい、寒い思いをするひろしでした。

しんのすけは鉄棒を掴みますが、棒が冷たいので服を伸ばして、袖を手袋のようにして棒を握り、ナマケモノの如くぶら下がると風が吹きます。しんのすけは風の勢いで鉄棒をグルグル回り、見事に地面に着地します。その公園は、サトーココノカドーの近くにあり、そこにあるトイレに入ったしんのすけ。

用を済ますと、ひろしとしんのすけは店内をうろつきまして、アクション仮面のクレーンゲームをやりたがるしんのすけです。しんのすけは何回もねだらない、1回だけだと言って、ひろしの許可を得て挑戦しますが、そこにはみさえがいました。掃除は早めに終わって買い物をしていたとのことで、タコの件を話すを呆れるみさえは、ひろしに買い物袋を押し付けます。その頃、クレーンゲームで真剣勝負のしんのすけは見事にアクション仮面の人形を獲得したのでした。


Bパート後、先週と同様にエンディングで高橋優氏による『襲来!! 宇宙人シリリ』の主題歌が初披露となりました。映像では映画の場面が流れました。

「東西南北あっちむいてホイ!」

今回はぶりぶりざえもんの代わりに、宇宙人のシリリがしんのすけと一緒に担当です。ただし、シリリの声はありません。シリリは沢城みゆきさんに決まっているとは言え、映画のアフレコの時でしか声を入れる機会は無いようです。もっとも、シリリがどんな声になっているのか楽しみではありますが。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけとシリリが向いたのは南でした。今回は西か南のどちらかだろうと思っていまして、迷った私は西を向きました。というわけで負けましたが、惜しい負けでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
「寒くても外で遊ぶゾ」を視たさいに、私は春日部市の歌「心の空」をBGM代わりに流してみたものの、あまりのオチぶりになんだかガッカリしてしまった感じです。

たこあげしかり、公園しかり、サトーココノカドー等々と、ドレもコレも実際の春日部市と所縁があるだけに、オチがなければ「心の空」も、クレしんを引き立たすイイBGMではないかと、何かと春日部へ訪ねる機会の多い私はそう思った次第です。

ところで、サトーココノカドーのモデル・イトーヨーカドー春日部店さんですけど、ココの殆どの売り場では、SuicaやPASMOなどといった交通系ICカードが使えるので、実際わたしはココで雑貨を買ったさい、Suicaを使いましたけど、ホント大助かりだったから良かったです。

(同じ様に、JR浦和駅ちかくのヨーカドーさんもそうでしたから、おそらく殆どのヨーカドーさんでは、交通系のICカード対応だと思われます)

以上をもちまして、私はこの辺にて失礼します。
盆栽すし
2017/02/23 16:27
今回のBパート「寒くても外で遊ぶゾ」は、確かに春日部市に実在する施設がモデルになっている思われるところがたくさん出てきたかと思います。
私は、ここ数年あまり高額な現金を持ち歩かなくなりました。交通系ICカードを使えるところがたくさんありますし、高額な買い物の場合はクレジットカードを使用しますので。生活が欧米化しているのだと実感したりします。
チョルス
2017/02/23 22:34
原作では、日本人形だったのに、アニメ版では、フランス人形の理由。
私の予想だと、過去のクレしんホラーにあったフランス人形の話を違う形で、再利用したのかもしれませんが、どちらかといえば、2016年10月18日に、USJのホラーアトラクションに日本人形協会が抗議したという騒動がきっかけで、あえて、フランス人形に変更したのだと思います。

※ちなみに漫画版第6巻は、2016年7月23日に発行
もやもや
2017/02/24 12:43
フランス人形に変更したのは過去の『クレしん』のホラーの再利用とのことですが、それでは焼き直しと思われるのではないかと思います。それなら、むしろ日本人形の方が良いかと思います。日本人形協会が抗議したという騒動で変更したという方が、信憑性があります。いずれにしても、真相は不明ではありますが。
チョルス
2017/02/24 21:36
北極には私は行った事はないけど、アルバイトで冷蔵倉庫へ行ったり、北海道のオホーツク海の流氷を見に行った時の寒さだったら、いずれも私は経験した事があるので、「寒くても外で遊ぶゾ」の春我部における寒さは、はっきり言って比にならないと思います。

それはさてと、実際にあるチョコビアイス(森永乳業が出してる最中アイス)は、森永乳業のホームページにある期間限定のいちごオレは、ゆくゆく機会あったら食べてみたいものであります。
幸之助
2017/03/11 12:31
私も冷蔵倉庫に入ったことがありますが、非常に寒かったです。そこで思い出すのが、私は冬のカナダに行ったことがあります。その事は、以下の記事でリアルタイムで書いています。

http://crashinsti.at.webry.info/200802/index.html
http://crashinsti.at.webry.info/200803/index.html

このカナダ滞在の際には、マイナス20度も経験しましたが、想像を絶する寒さでした。なお、本文でも書いた北極(スヴァールバル諸島)を訪れたのは夏でしたので、関東の冬と大差ありませんでした。真夏なのに、あの寒さを経験したのは貴重ではありましたが。

チョコビアイス、そういえば最近は全然食べていませんね。コンビニで見つかれば食べてみたいです。
チョルス
2017/03/11 16:51
デパートでひろしが「やめとけよギャンブルっぽい遊びなんて、まるでみさえが化粧品や高級衣類を買いだめするみたいだ」って感じでこぼして、本人に立ち聞きされるなんて運が悪いですね。
ひろしはパシリになり下がりましたがこれで罪が軽くなればいいですけれど。

失礼します。
鳴海みぐJr.
2017/03/26 10:48
みさえと出くわしてしまう場面は、本当に運が悪いと思いました。ひろしがついていないという設定は、やはり今も健在のようです。パシリになって、みさえから大目に見てもらえたと思いたいです。
チョルス
2017/03/26 21:31
おはようございます。
Bパートに於いて、サトーココノカドーちかくに公園があるエピソードがありましたけど、実際のヨーカドーさんのすこうし西へ行くと、前述の公園のモデルと思われる春日部中央町第四公園が実在してます。

先日、私はヨーカドーさんへ寄ったあと、市役所へ向かわんとした際に、途中の公園で私はサクラを撮りましたが、後で上記の事を知るなり、スタッフの詳細な調査ぶりには正直ビックリした次第であります。

それはさておき、4月8日より5月31日までの期間、春日部市をはじめ、武州・大宮やとうきょうスカイツリーさんなど25箇所のスポットを対象にした『オラのまち・春日部にくれば〜 デジタルスタンプラリー!!』が開催されてるそうですので、時間のある方は参加してみたら、いかがでしょうか!?

そして、さらにファミリーマートさんでも、4月11日より5月1日までの期間、『クレヨンしんちゃん ワクワク春フェスタ』が開催されてますので、コチラも見逃す事できないです。

以上をもちまして、私はこの辺にて失礼します。
盆栽すし
2017/04/12 07:53
春日部を歩くと、『クレしん』に登場する施設のモデルになったと思われるところが結構出てくるような気がします。スタッフの方々は、かなり春日部でロケハンをやっていたのかなと思ったりします。

『オラのまち・春日部にくれば〜 デジタルスタンプラリー』は大宮駅や春日部駅にポスターがありまして、かなり力の入ったイベントなのだろうと思います。そういえば、ファミリーマートでも春フェスタのポスターがありましたね。『クレしん』のイベントが色々あって、嬉しくなります。
チョルス
2017/04/13 00:27

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県
疑似北極の顔面描写論 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる