クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒船山登山記 (2016年)

<<   作成日時 : 2016/12/27 23:06   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2016年11月4日、荒船山に登山へ行ってきました。

2009年9月11日に亡くなられた、臼井儀人先生の慰霊登山です。

これを描いている今は12月の下旬で、既に2ヶ月近くも経っています。

なぜ、これだけ期間が空いたかと言うと、書く時間が取れなかったとかではなく、今まで書くことを逡巡していたからです。

その理由を、書いていこうと思います。

実は、私は今回の登山で危うく遭難しそうになったからです。

今年は、いつも利用してい内山峠が、登山道の途中で木橋が破損したことから、通行止めとなっています。

そこで、荒船不動尊の方から回っていこうということになりました。

昨年一昨年と同じで、自動車で下仁田へ向かいました。荒船不動尊は初めてだったので、道路で不動尊に向かう道を通り過ぎてしまい、Uターンしたということもありましたが、無事に到着しました。この時、時間は昼の12時頃で、遅かったですが、遅くとも16時頃には戻れると考えていました。

登山を開始してしばらくすると、いつの間にか登山道から外れてしまいました。それで、道に迷ってしまいましたが、途中で登山道に戻れまして、13時半頃、無事に荒船山の艫岩の上に到着できました。

その後、慰霊を済ませて、14時過ぎに下山を開始しました。しかし、下山の途中でまた登山道から外れて、道に迷いました。

それで、また途中で登山道に戻れましたが、見覚えの無い道を進んでいきます。なんかおかしいなと思い、途中の案内板を見ると、このまま行くと兜岩山の方へ行ってしまう、つまり荒船不動尊は別方向に向かっていることが判明しました。

それで、慌てて引き返しましたが、荒船不動尊へどうやって降りるのか全く分からなくなりました。そうこうしているうちに、16時近くになってきて、太陽が段々と沈もうとしていました。このまま日が暮れたら、街灯もなければ木に覆われた山ですから、真っ暗闇の中に取り残されます。

このままだと、今日中に帰れないかもしれませんし、下手したら遭難者になってしまいます。この時、山の夜の気温は10度もありません。体力的にもかなりヤバイ状態です。私はまた道に迷い、登山道を外れて、何度も転びまして、体は怪我と泥だらけになっていました。

身体が痛い中、艫岩の方にまた戻ってきました。17時頃です。日は落ちて、だんだん先が見えなくなってきました。昼には見かけなかった鹿が何匹もいました。17時半近くになると、真っ暗になり、数十センチ先が見えないほどでした。

ここから私は頭を絞って、なんとか下山する方法を考えました。そして、色々ありましたが、数時間かけて降りまして、21時過ぎに自分の車がある駐車場に戻って来ることができました。

夜中に自宅に到着して、服を脱いでみると、私の体は擦り傷や切り傷がそこら中にありました。これらの怪我が完全に治るまでに数週間を要しました。

今回の登山ほど、危機感を抱いた事はありませんでした。来年も登ろうと思っていますが、今回の事を教訓に万全の態勢で臨みたいと思います。何度も登っているので、油断してしまったのです。あのような経験は二度としたくありませんが、登山の心構えとしては重要な経験ではありました。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
荒船山登山記 (2017年)
2017年11月4日、荒船山に登山へ行ってきました。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2017/11/10 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大変な登山でしたね。それもこれもみんな経験、今回の事を忘れないでください。慣れている山でも、コースが違えば全然違う山になってしまうんです。
さて再発防止策ですが、ただ単に地図を持って行くだけでなく、スマホをお持ちであればGPSで現在位置を参照しながら歩くことができるので、お勧めします。
ただ普通のインターネットの地図ですと、携帯が圏外になると使えなくなってしまうので、登山用アプリの利用をお勧めします。これは一定範囲の地図データを事前にダウンロードしてから地図を表示するので、携帯電波が届かなくても使えます。また主要な登山コースも地図上に表示されますので、今回のような道から逸れるトラブルも発生すればすぐ気付きますし、軌跡も出るので道を逸れたとこまですぐに戻れます。
私は「Yamap」を使っていますが(荒船山の登山道もほぼ網羅されています)、「登山アプリ」で検索すれば色々と出てきます。
ちなみに、私は「御巣鷹の尾根」の奥にある高天原山で登山道から逸れるトラブルを経験しましたが、「Yamap」のおかげで大事に至る前に発覚して助かったことがあります。
はいじま
2016/12/31 08:17
今回の事は、私が油断していた事も大きな理由の一つです。今回の事は決して忘れず、今後登山の際は、万全の準備をしていこうと思います。
登山用のアプリもあるそうで、貴重な情報をありがとうございます。Yamapについて調べてみましたが、便利そうなアプリですね。自分のスマホにインストールして、実際に活用してみようと思います。道に迷った時、携帯が圏外になってしまうとさらに不安になってしまうので、心強い味方になってくれそうです。
チョルス
2016/12/31 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県

荒船山登山記 (2016年) クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる