クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年の最後でも通常運転です

<<   作成日時 : 2016/12/19 01:08   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2016年最後の、12月16日の放送いきます。


「年末あるあるだゾ」(絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)

みさえが居間の掃除をしている一方、しんのすけとひろしはコタツでゴロゴロ。年末だと語ります

年末と言えば、年末のアクション仮面スペシャルとしんのすけが言うと、年末でなくても観てるだろとひろしが突っ込みます。

年末と言えば、接待が忙しくて、夜飲んで帰るのが多くなるとひろしが言うと、年末でなくても酔っぱらっているとしんのすけが突っ込みます。

年末に便秘6日目のみさえとしんのすけが言うと、年末でなくても便秘だとひろしが突っ込みます。

というわけで、しんのすけは何でも年末のせいにする年末あるあるでしたと言い、ひろしはこんな感じで今年も終わりと言います。

しかし、便秘のことを突っ込まれて腹を立てたみさえに、大掃除を手伝わされるひろしとしんのすけでした。

この話は、最後の方に持って行った方が良かったかも。いや、それだとリアリティが相当ありますかね。


「どうしたネネちゃん!?だゾ」(脚本:中弘子、絵コンテ:しばたあきひさ、演出:則座誠、作画監督・原画:高倉佳彦)

今回の話のタイトルを見て、私は『ドラゴンボールZ』のTVSP1「たったひとりの最終決戦」を思い出しました。私が昔持っていたこの作品のアニメコミックスで、主人公のバーダックが惑星カナッサで、カナッサ星人に受けた攻撃が原因で倒れた場面で、「どうしたバーダック」という記述があったのを記憶していたので。

今回のネネちゃんにとって、夕方にネネちゃんの家を通る名前も知らない王子様こそカナッサ星人だったようです。

それと、この話は『新クレヨンしんちゃん』の114話をアニメ化したものです。114話は単行本6巻に収録されています。

漫画版では、冒頭場面は幼稚園からですが、アニメは幼稚園バスからで、しんのすけがあくびをしつつも珍しくバスに乗れています。バスに乗り込んできたネネちゃんは、最初は異様に怖い感じですが、とても優しくなっていて、しんのすけ、風間君、マサオ君、ボーちゃんはドン引きです。ボーちゃんの鼻水も伸びます。

幼稚園で花に水をあげる姿を見て、いつものネネちゃんじゃないと言う風間君たち。水をあげる描写は漫画版にもありますが、マサオ君にハンカチを貸す場面はありません。漫画版の話を下敷きにしつつもうまく脚色しているという感じですかね。

風間君がネネちゃんから赤のクレヨンを貸してもらう場面もアニメのみですが、クレヨンのチェックって、幼稚園児の義務とは初めて聞きました。自己管理能力は早く伸ばすに越したことは無いでしょうが、私が幼稚園児の頃、そんな事はできないほど幼い餓鬼でした。

ボーちゃんに至っては鼻を拭いてもらい、歩く時バランスが悪かったそうです。そうなのですね。ボーちゃんは鼻水が無いとうまくバランスをとって歩くことができません。鼻水が無くなってしまい、歩きづらくなった話が原作にありましたが、何巻か思い出せません。思い出せたら、書こうと思います。

なお、漫画版では珍しい石をネネちゃんが見つけるというものでした。また、しんのすけはお遊戯で手をつないだと言いますが、それはいつもの事だと風間君に突っ込まれます。

しんのすけたち4人が園庭でサッカーをやっていると、マサオ君が縄跳びをやっていたネネちゃんにぶつかってしまいます。マサオ君は怯えますが、ネネちゃんの方が謝り、マサオ君は優しく声をかけられ、「いつものネネちゃんじゃない」

ネネちゃんがカゴの中の小鳥を見つめていて、よしなが先生に何をしているかを訊かれて、ネネちゃんは好きな人ができたらしいとのことですが、しんのすけたちが植え込みの中から聞こうとしても、なかなか聞き取れません。そこで、よしなが先生に話を訊こうとしますが、よしなが先生は話をしようとしません。

風間君はネネちゃんが引越しをする可能性がある事を指摘、「おーじー」と言っていたと聞こえたしんのすけの証言から、風間君は(東京都北区の)王子か八王子に引っ越すのではと推測します。なお、私は一瞬オーストラリアかと思いました。

幼稚園が終りまして、その日のネネちゃんは遊べないとのこと。そこで、風間君たち(しんのすけ以外)はリアルおままごとに大々的にして参加することを表明、ダメダメのマザコン夫役やリストラされた気弱夫を風間君とマサオ君で取り合い、ボーちゃんは犬の役を熱演すると言います。この様子を見て、しんのすけは唖然として「かすかべ防衛隊終了のお知らせ」を宣告します。

ネネちゃんの家では、ネネママがダイエットしてリバウンドしたことで、ウサギのぬいぐるみを殴ろうしたら、ネネちゃんにやめてと懇願され、「いつものネネちゃんじゃない」といつもとは逆の展開になります。

ネネちゃんが自分の部屋に行くと、窓からお目当ての男が通り過ぎるのを眺めます。ネネちゃんがお淑やかになったのは、この男に惚れたのが原因だったのです。名前も知らない王子様に慕っていたわけで、その様子をこっそり見て納豆食う(納得)のネネママ。

ネネちゃんはよしなが先生に告白すると約束したそうで部屋を飛び出し、家を飛び出します。ネネちゃんは男を追いかけ、その様子をしんのすけたちが見ていました。

ネネちゃんが声をかけようとすると、男の母親が参上。実は重度のマザコンであることが判明。見てはいけないものを見た感じなしんのすけは、ネネちゃんに見つかり、これから5時間ぶっ続けでリアルおままごとに付き合わされることに。
第1弾はマザコン夫をボコボコにするバイオレンスもの。

ところで、今から5時間だと、夜遅くなるでしょう。ネネママに行って、その日はかすかべ防衛隊がネネちゃんの家でお泊まりということになるでしょうか。そうなったら、ネネママはとんだ災難ですな。


「見たいのに見られないゾ」(脚本:ひるまちかこ、絵コンテ・演出:中村憲由、作画監督:大森孝敏、原画:大森孝敏、山本勝也)

朝、しんのすけは幼稚園バスが来てしまうというのに、なかなかコタツから出ようとしません。ひろしが出かけようとすると、みさえがGETAYAからレンタルしたDVDを見つけます。『LONG』という題名のホラー映画です。貸し出し日は12月9日、返却は12月16日となっています。つまり、本日の放送日が返却日で、作中でも同じ日ということになっています。

みさえはおケイから勧められて借りたそうで、ひろしは駅前のレンタル屋なら返却しようかと言いますが、みさえはまだ観ていないそうです。しかし、返却期限はその日の22時までですので、それまでに鑑賞しなければなりません。

さて、しんのすけはバスに乗れず、自転車で幼稚園まで送り、その間隣のおばさんに預けていたひまわりを連れて家に帰ると、早速DVD鑑賞スタートです。って、気になったのですが、野原一家はまだBlu-rayに馴染みが無いのでしょうかね。まあ、DVDもたくさんありますが。

「LONG」という映画は、呪いのDVDというのがあり、それを観た人は呪われるそうです。で、女の子3人がそれを観てみると、画面からどこかで見たことのある霊が出てきます。書くまでもありませんが、元ネタは明らかに『リ●グ』だったりします。

さて、画面から出てくる場面で、ひまわりがサルのオモチャを怖がり(本当にあのオモチャけっこう怖いです)、泣き出してしまい、一旦DVDを中断して、ディスクに「ひまのDVD」と書かれたDVDにある『ぽんぽこちんたいそう』を鑑賞します。

鑑賞後、ひまわりを寝かしつけて、DVDの続きを観ますが、また画面から出てくる場面で、しんのすけの尻が出てきます。みさえは、その日の幼稚園は午前保育であることを思い出しまして、しんのすけと一緒にチャーハンを食べます。しんのすけに何を観ていたかと聞かれたみさえは、怖い映画でしんのすけが観るのはまだ早いと言うと、みさえより怖いものがあるのかと言われますが、しんのすけはマサオ君の家に行きます。

というわけで、DVDの続きを鑑賞するみさえですが、例の画面から出てくる場面で、お帰リンゴジュースパート2と、しんのすけが帰ってきます。雨が降ってきてマサオ君の家に行くのは中止になったと。

そして、みさえは慌てて洗濯物を取り込むと、時間は既に16時です。返却時間まであと6時間です。みさえは、起きたひまわりと遊んでほしいとしんのすけに頼み、おやつにチョコビを食べることも許可します。みさえはDVD鑑賞を再開しますが、しんのすけのチョコビ一気食いに集中できず、外の音に惑わされないように、イヤホンをしますが、ひまわりがリモコンをいじってボリュームを最大にしてしまい、驚くみさえ。

イヤホンを外して、みさえはDVD鑑賞を再開しますが、例の画面から出てくる場面で、しんのすけのすかしっぺが気になり、さらに隣のおばさんが回覧板を持って来襲。長話の集中砲火を受けるみさえです。おばさんの話が終ることには、雨は止んで日も落ちていました。

おばさんが帰って行った時、時間は既に18時、返却まであと4時間です。夕食の支度をしなければならないので、鏡を台所に置いて、テレビの画面が映るようにします。そうすれば、DVDを鑑賞しながら夕食を作れるわけでして。しかし、しんのすけがアクション仮面鑑賞を開始してしまい、みさえはDVDを観られず。

そして、夕食も終わったのでしょうか、しんのすけが風呂に入っている間にDVDを鑑賞しますが、例の画面から出てくる場面でしんのすけが身体を拭かず床をびしょぬれにしつつ参上。空のアクション仮面シャンプーを持ってきまして、シャンプーが無いことを訴えます。

ここで、しんのすけのぞうさんは隠されていますが、『B級グルメサバイバル』でもぞうさんを隠しているのを思い出しました。もう、しんのすけのぞうさんはテレビアニメでも劇場版でも見られないわけでして、なんか世知辛いなと思ったりします。

みさえはややヒステリックになって、しんのすけの体を拭きます。しんのすけが言うには、水もしたたたるいい男とのことで、「た」が一つ多いです。

しんのすけとひまわりを寝かしつけたみさえ、既に20時です。返却まであと2時間でして、ギリギリ間に合うはずでしたが、みさえは例の画面から出てくる場面で眠くなってしまい、ウトウトと・・・。

ひろしが帰ってくると、何時かは不明ですが、みさえはこたつで寝ていました。DVDは既に終わっていました。

今回の話は『特別編・父ちゃんの24だゾ』(2004年11月26日放送、原作は単行本40巻の一番最初の話)と伏せて鑑賞すると面白いかと思います。DVD返却に慌てる話って、他にもあったと思いますが。


「東西南北あっちむいてホイ!」

通常の、しんのすけとぶりぶりざえもんが担当の、ヒップホップのあっちむいてホイです。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけとぶりぶりざえもんが向いたのは北でした。私は先週と同じく北を向いたので、勝ちました。今年最後の放送では、めでたく勝てました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この日はテレビ東京の『妖怪ウォッチ』が翌日から始まる映画3作目のプロモーションで昨年の2作目を18時30分〜20時50分で放送していました。
この番組もう3年になりますがこれまで一度も『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』の放送と時間が重なった事はありませんでした。
妖怪ウォッチが延長放送する時はきまってドラやクレしんは放送お休みの日でしたので。
子供たちは金曜夜はいつも18時半からテレ東で妖怪ウォッチ、19時からはテレ朝でドラとクレしん…と視られたんですが。
これまであえて被らない様にしていたのかと思っていましたが特にそういう訳でもなかったのかな…視聴率はどうだったのかちょっと気になります。
青たこ
2016/12/19 07:07
『クレしん』の放送時に『妖怪ウォッチ』が放送されていたのですか。このような事は前例が無かったようで、単純に視聴率で言えば『クレしん』の方が上ですが、放送時間などを考慮に入れると、一概にはどちらが人気があるかは言えませんね。映画は『妖怪ウォッチ』の方がはるかに人気ですし。
テレビ局が異なるから、互いに放送時間がぶつからないようにしようという考えは無かったかもしれません。果たして、視聴率はどうなったやら。今週中に判明します。
チョルス
2016/12/19 21:42
金曜日のゴールデンタイムアニメについて
関東地域では、18:25 妖怪ウォッチ
ドラえもん19:00 クレしん19:30 

関東圏の子どもたちの視聴スタイルは、そうですが、
妖怪ウォッチの放送時間に関しては、地域によって時間帯、曜日は異なります。
例えば、私の住む石川県では、
金曜19:00ドラ
19:30クレしん 
関東と同じですが、妖怪ウォッチは、日曜の早朝5:30からです。
また放送開始日が、石川県の場合、2014年6月からなので、放送されてる内容が、過去の放送分ばかりなので、最新話は、youtubeでの、コロコロチャンネルか妖チューブの公式配信動画を見ることになります。

なので、地域による視聴スタイルは、関東と違います。
クレしんについてですが、「見たいのに見られないゾ」
の感想文で、訂正です。早速DVD鑑賞スタートです。って、木になったのですが、「木」ではなく、「気」です。


もやもや
2016/12/22 15:27
地域によって放送時間は異なるのですね。どうやら、関東で『クレしん』と『妖怪ウォッチ』が重なったのは、たまたまだったようです。今はネットでも鑑賞できることもあるので、放送時間に振り回されることもだんだん少なくなってきていますね。

誤字のご指摘、ありがとうございます。修正は既にしてあります。
チョルス
2016/12/22 22:50
こんばんは。
「おーじー」ネタで思い出しましたが、私はさいたま市(もとの与野市)にある八王子(JR与野本町駅の北西部に位置してる)や、伊勢春日部氏ゆかりの三重県下四日市市の八王子、そして奈良県北葛城郡にある王寺町の事が、真っ先に私のアタマへ浮かんできた次第であります。

以上をもちまして、私はこの辺で失礼します。
盆栽すし
2016/12/23 22:06
「おーじ」という発音のするところは、全国各地にあるでしょう。風間君がもっと日本の地理に詳しかったら、色々な「おーじ」の地名が出てきたことでしょう。
チョルス
2016/12/23 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県
2016年の最後でも通常運転です クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる