クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野原ひろし 昼メシの流儀』の第13話

<<   作成日時 : 2016/12/07 00:06   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

『まんがタウン』2017年1月号(2016年12月5日発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第13話「マグロ丼の流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。

川口が大口契約を取ったとのことで、ひろしは川口に昼メシをおごると言います。「マグロ漁場」に連れて行ったひろしは、そこではワンコイン500円でマグロ丼が食べられるそうです。しかもめちゃめちゃうまいとのこと。

しかし、ひろしはマグロ丼を頼もうとすると、川口をは1000円の海鮮丼を頼みまして、ひろしは衝撃を受けます。値段が500円のマグロ丼の2倍もする海鮮丼をたのむ川口に腹を立てます。空気嫁。

ひろしは説教してやろうかと思いますが、器の小さい男と思われそうなので、やめます。ところで、私も職場の先輩や上司に奢ってもらえることがありますが、先輩や上司よりもはるかに高いものを頼む気にはなれません。後ろめたくてメシがまずくなりますよ。それに比べて、川口は神経がずぶといですね。

ひろしのマグロ丼は6切れも入っていますが、川口の海鮮丼は、エビやウニなどが入っていて、具がどんぶりからはみ出しているほど豪華なものです。マグロ丼が貧相に見えます。

醤油をかける際、川口は直接全体にかける派ですが、ひろしはまず醤油に入れて、ワサビを丼から小皿に移し、必要な分だけわさびを混ぜて、わさび醤油にしてどんぶりにかけます。ひろしは、ワサビ醤油と付いたまぐろ楽しみますが、川口の甘エビやウニ、イカ、カツオ等々の豊富なネタに舌鼓を打つ川口に嫉妬します。

しかし、川口はマグロが一番美味しいと言いまして、ひろしはそのマグロが6切れもあるマグロ丼を食っている事で、優越感に浸ります。食事が終わると、川口は外回りにまた行き、ひろしと別れます。次回来た時は、海鮮丼を頼もうと思うひろしなのでした。


月刊まんがタウン 2017年 01 月号 [雑誌]
双葉社
2016-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊まんがタウン 2017年 01 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
度々の書き込み失礼します。
昨日(12月15日)わたしは、亡き父が勤務してた会社(帝都の某所)のまわりを散策してきましたが、会社から最寄りの地下鉄の駅までの間は、様々な食べもの屋さんがあって、現役だった頃の父が行ってたのではないかと想うと、目頭が熱くなってしまい、若しかすると父がひょっこり出会い、そして声をかけてくるのではないかと錯覚してしまいました。

さて、私は食べもの屋さんのある通りをデジカメで記録し、そのさい『野原ひろし 昼メシの流儀』のひろしの姿と亡き父の姿が、モノ凄くオーバーラップしてしまい、父もひろしみたく色んな食べものを味わってたろうと、実際に私は訪ねてみて再確認した次第であります。

それでは、私はこの辺で失礼します。
盆栽すし
2016/12/16 17:16
亡くなられた大事な人がよく行っていたところは、非常に感慨深く映るものですね。亡くなられた方の思い出の地を巡るというのも、非常に良いものでしょう。
チョルス
2016/12/17 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県
『野原ひろし 昼メシの流儀』の第13話 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる