クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 20年ぶりに車を買い替えた野原一家

<<   作成日時 : 2016/12/06 21:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

12月04日のテレビアニメ感想いきます。


「野原家新車を買うB とうとう車を買うゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督:橋本とよ子、原画:樋口善法、石井智美、石井邦幸)


前々回前回に続き、いよいよ野原家が新車を買うというシリーズの第3弾にして、最終章です。

最初は、前々回前回のあらすじで、外車の「輸入自動車販売MAYAKASHIモータース」という店から出て、預けた元の車を返しに、「カスカベモータース」へ行きます。しんのすけはそこでおねいさん目当てにキッズコーナーに行きます。

ダメダメ営業マンの瀬段則康も再登場。瀬段の出した見積もりはかなりの額で、「新車買います?」と、商売気の無い感じで質問します。ひろしは、足りない分はローンを組んで新車を買おうかと考えます。瀬段は、仕方ないからということで、ひろしとみさえにショールームを見せます。ひろしは大きい車やゴツい4WDが好みで、みさえはピンクのコンパクトカーらしき小さな車が良いと言います。

瀬段はひろしやみさえの意見を取り入れて、緑のステーションワゴンを紹介します。みさえは、自分の知っている女優がCMをしている車だと言って、好意的になります。ひろしも気に入ったようです。

瀬段がカーナビの事を言うと、しんのすけはカーナベと聞き間違えて、ひろしが運転していて、後ろの席でみさえとしんのすけが鍋をつついているのを想像します。

なんか、この場面は『雲黒斎の野望』のタイムマシンで現代へ帰る時にすき焼きを食べる野原一家を思い出します。この車のカーナビでは、『アクション仮面』のDVDも鑑賞できるので、しんのすけも気に入り、この車に決定となります。瀬段は値引きを要求されて、今日決めてほしいと返します。

まず、瀬段の示した値段は、ひろしやみさえにはまだ不服だそうで、ひろしとみさえとしんのすけはじーっと瀬段を見つめます。瀬段はさらに値引きをしますが、みさえはさらに粘ろうと決意し、帰ろうと言い出します。せめてあともう少しだけ安くなればと訴えますが、呆れたことに瀬段は取引中止を宣言しようとします。

それで、ひろしは営業について熱く語り、瀬段は上司に聞きに行くことに。戻って来た瀬段は、さらに値下げして良いと伝えてきます。さらなる値下げ成功です。というわけで、瀬段は入社以来初めて車を売ったのでした。元の車で家に帰った野原家は数日後、納車を待ちますが、約束の13時半になっても来ません。

しかし、13時半を少し過ぎた時に瀬段が来て、新しいステーションワゴンと、しんのすけのために『アクション仮面』のDVDをプレゼントします。瀬段は仕事が分かって来たと、ひろしに言われます。古い車は、瀬段によって持っていかれ、廃車となります。

ひろしはその古い車に、別れの声をかけて、涙が流れそうになりますが、しんのすけとみさえは、新しい車に夢中。ドライ、というか現金なしんのすけとみさえでした。

前々回のテレビアニメ感想でも詳しく書きましたが、野原一家が過去に車を買い替えたのは1996年で、今回は実に20年ぶりとなります。3代目の野原一家の車は、さて何年使うのでしょうか。もし、これも20年使うとなると、今から20年後(2036年)のことなど想像できません。もっとも、1996年当時も2016年のことなど想像もできませんでしたが。


Aパート後、西宇和みかんのCMが久しぶりに流れました(埼玉での放送です)。


「むさえちゃん家を大捜索だゾ」(脚本:川辺美奈子、絵コンテ:しばたあきひさ、演出:平井峰太郎、作画監督:間々田益男、原画:入江康智、宮健太)

ひさびさのまたずれ荘です。むさえは何か探しています。散らかった部屋の中を捜索していると、しんのすけ、さらに風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんが襲撃、マサオ君から叔母さんと呼ばれて反発するむさです。

この5人は、外は寒いのでむさえの部屋でぬくぬくしようということにしたそうで、むさえの部屋にあるコタツに入りますが、スイッチが入っていません。ネネちゃんに言わせると、コタツが冷たいって、同じ恋人に2回振られたくらい切ない気持ちなんだそうです。

実は、むさえが探しているのはこたつのコードでした。むさえに言わせるとしまったところを忘れたのですが、要は無くしたのです。こたつのコード探しゲームと称して、しんのすけたちに探させることにします。しんのすけたちは、協議した結果、外よりもボロボロボロアパートの方がマシという結論になります。

というわけで、探すのを手伝うことにしますが、このコタツの足は1本折り畳み傘で支えていて、足も1本無いのだそうです。むさえは物を無くすことについて、宝探しのようなワクワク気分をいつでも何度でも味わえると無理やり正当化し、しんのすけは「何言ってんだこの人」と返します。

コタツのコードは、赤色のシマシマというベタな代物でして、しんのすけは冷蔵庫の中を探しますが、文字通り何もありません。しんのすけから冷蔵庫の電気を切ることを勧められると、むさえは大人のたしなみと言って、しんのすけは「何言ってんだこの人パート2」

さて、風間君たちは部屋中を探しますが、しんのすけは「くまもと名物 いきなり団子 国産芋使用」の箱を見つけます。ところで、「いきなり団子」はマサオ君が読み上げていまして、「団子」はルビが降ってありましたが、「くまもと名物」の「名物」はルビがありません。それをボーちゃんは読んだわけで、さりげなく学力の高さを風間君並みにも見せつけたのですか。こういうさりげなさが、スーパーエリートだと言えますな。

この団子は、熊本のじいちゃん(よし治)とばあちゃん(ひさえ)が送って来たもので、野原家にもあるそうです。ボーちゃんがむさえの許可を取って押入れを開けると、しんのすけは間一髪でボーちゃんを助けます。野原家と同じく、押し入れから物が雪崩のごとく落ちてきたのです。おかげでボーちゃんは助かったものの、衝撃で下にいた大家さんの(懐かしい)入れ歯タワーが崩れてしまいました。

しんのすけは押し入れの上を、マサオ君は下を探しまして、しんのすけはコタツの足を発見します。しかし、その足は物を支えるつっかい棒として使っていて、しんのすけが無理に取ると、さらに物が崩れ落ちてきました。さて、コタツの足の取り付けは完了しましたが、コードが無ければ意味がありません。

すると、コードがたくさん入った箱が見つかりまして、その中に赤色のシマシマが見つかります。しかし、コタツに合いません。そのコードは、昔使っていたコタツのコードでして、むさえは諦めてしまいます。それで、先ほどの「いきなり団子」でおやつにします。

しんのすけは体を暖める方法としておしくらまんじゅうを提案し、みんなでおしくらまんじゅうをやります。しかし、大家さんの入れ歯タワーをまた崩してしまい、大家さんがむさえの親に押しかけて怒鳴り込んできます。でも、体はだいぶ暖まったようです。

これを見て思い出したのが、私がイギリスにいた頃です。私は2009年9月から6月まで、一軒家を数人の学生とシェアして暮らしていましたが、電気代がかかるからあまり暖房を使わせてもらえませんでした。ヨーロッパ人と違い、アジア人の私は寒さにすっかり堪えました。あれ以来、私は冬より夏の方が好きです。

話を戻しまして、むさえはずっと布団の中で過ごすと言い出して、布団に寝込んでしまいます。しんのすけは、カタツムリのコスプレをして、コタツに入ってコタツムリをすると、コタツの中の中天板に、コードが張りつけられているのを見つけます。むさえは、コタツと一緒にしておけばなくさないと思って、貼っておいたのでした。なお、コードの色は赤白ではなく黒白でした。

こうして、無事にコタツの電源を入れることができました。と思いきやコタツがつきません。どうも請われたようです。それを見たしんのすけたちはアパートを出てしまいます。むさえはしんのすけに、野原家に泊めてもらえるようみさえに頼んでくれと言いますが、しんのすけにガン無視されるのでした。
ちなみに、むさえの部屋は202号室です。これは、過去に野原家が住んでいたのを同じ部屋です。


Bパート後、10月15日の記事でも書いた、2017年4月15日に公開される予定の『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の第25作目の映画の予告が紹介されました。

ひろしとみさえが子供になってしまうとのことですが、あくまでも肉体的に子供になってしまったそうです。前作の『ユメミーワールド』のように、無理やり精神的に子供にしようとして、『オトナ帝国』ではマジで精神が子供になっていたひろしとみさえ、今回は精神は大人のままで、肉体が子供なのですね。

しんのすけと宇宙人の交流が描かれている予告を見て、私はスピルバーグの『E.T.』を思い出しました。このような作風になるのでしょうか。ただ、日本縦断の旅をするそうで、『暗黒タマタマ』のようなロードムービーの要素も含まれているのでしょうか。あと、オシリ封印とはどういうことかと思いましたが、それは公開日までのお楽しみということでしょう。

12月6日の時点では、映画の公式サイトはまだ『ユメミーワールド』のままですが、いつか更新されるでしょう。


「東西南北あっちむいてホイ!」

通常の、しんのすけとぶりぶりざえもんが担当の、ヒップホップのあっちむいてホイです。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけとぶりぶりざえもんが向いたのは西でした。私は西を向いたので、勝ちました。前々回前回も勝って、3連勝です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
冬の短所と長所
12月10日のテレビアニメ感想いきます。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2016/12/11 23:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
さいたま市内を南北につらぬく産業道路ぞいや国道17号(もとの与野市域だと結構ある)ぞいとかですと、カーディーラーさんが幾つかありますけど、マイカー購入にあたり、大事な商談を親がしてる一方で、子どもの場合ですとグズらない様に遊び道具や絵本など、実際に色々と配慮してる為に、今回の新車購入のエピソードを視つつ、私は改めて考えさせられた次第であります。

それにしても、むさえのエピソードで熊本県下の郷土料理のひとつ、「いきなり団子(地元・熊本の方言では、=だご=という)」のネタが出てましたけど、かの『ケロロ軍曹』の主人公でありはケロロも好物ですし、その他の漫画やアニメ作品でも、「いきなり団子」ネタが出てるそうです。

以上をもちまして、私はこの辺にて失礼します。
盆栽すし
2016/12/16 08:00
車を買う人は様々ですが、家族でディーラーに訪れることも多いでしょうから、託児所のようなところは必要なのでしょう。今回の話も、現実を忠実に反映させたものと言えます。

実は、私は『ケロロ軍曹』をほとんど読んだことは無く、「いきなり団子」が登場する作品も他に知らないですが、今後『クレしん』以外で触れる可能性はあるでしょう。
チョルス
2016/12/17 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県

20年ぶりに車を買い替えた野原一家 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる