クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」を鑑賞しました

<<   作成日時 : 2015/04/20 01:20   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 16

本日、(といっても日付けでは「昨日」の4月19日(日曜)ですが)『クレしん』の最新映画『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』を鑑賞してきました。

4月18日に公開された翌日の19日に鑑賞することができました。今年も全作品劇場鑑賞という私の伝統を守ることができたので、とりあえず安心です。

鑑賞したのは、イオンシネマ春日部です。ユナイテッドシネマ春日部に続く、二つ目の春日部市の劇場での鑑賞となりました。

18日と19日は土日でしたが、どちらもどうしても休めない仕事が入ってしまい、18日に初日舞台挨拶付きの会には参加できませんでした。

私は2004年の『カスカベボーイズ』以来、初日舞台挨拶付きの会に参加していますが、この年以降で参加しなかったのは、2010年の『オラの花嫁』の時と、今回の2回だけです。2010年はイギリスにいて、日本に一時帰国するスケジュールが合わせられなかったためです。

ただし、18日も19日も、仕事帰りにレイトショーで鑑賞できると思いました。ただし、18日は『クレしん』の代わりに『ドラゴンボールZ 復活の「F」』をレイトショーで鑑賞してきました。

『クレしん』のファンサイトの管理人ともあろう者が、『クレしん』よりも先に同日公開の別作品を鑑賞するとは何事か!という声が聞こえてきそうですが、これにはやむを得ない事情があったのです。いずれ書くと思います。そして、19日は同じくレイトショーで『クレしん』を鑑賞しました。

なお、作品の具体的な感想ですが、ネタバレにつながる恐れがあるので、あまり下手なことは書けませんが、面白かったかつまらなかったかと言えば、もちろん面白かったと答えます。コミカライズ版はまだ買っていませんが、いずれ買いますかね。

また、今回の作品の感想について、こちらのページに書いた事を、以下に(一部変更して)自己引用します。


「私にとって、シロさんは理想のワンちゃんです。犬はみんな彼みたいになるように努力すべきだわ」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人間以外生物奮闘記
5月1日のテレビアニメ感想いきます。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2015/05/03 00:26
「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」のネタバレ入り感想
『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』を4月19日と21日に、2回鑑賞してきました。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2015/05/20 20:35
初日舞台挨拶、今年も行きます!
『クレヨンしんちゃん』の映画『襲来!! 宇宙人シリリ』の公開まで、あと2週間となりました。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2017/04/01 00:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりのコメントです。私は、まだ未鑑賞ですが、
主題歌で気になることがあります。公式HPでは、ゆず「OLA!!」ですが、過去の映画では、OP曲とED曲は、別々で、流れていましたが、今回の場合は、どうなっているんでしょうか?
もやもや
2015/04/20 15:34
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
ご質問の回答ですが、実際に映画館で確認してください、とだけ言っておきます。主題歌の事を下手に書くと、ネタバレとみなされる恐れもありますので。
チョルス
2015/04/21 01:41
イオンモールのホームページを調べてみたところ、全国にあるイオンモールのなかで、有名な越谷レイクタウンの面積が一番大きく(kaze.mori.アウトレットの三つがあって、それらを合わせた場合)、次いで幕張新都心も面積が大きいです。
幸之助
2015/04/21 23:12
春日部のイオンシネマは確かに広くて、道に迷ったりもしました。越谷レイクタウンはイオンモールで一番広いというのは聞いていますが、実際に行ってみると、また迷ってしまいそうです。
チョルス
2015/04/22 22:09
実は僕も先日鑑賞してきたけど、見応えが充分で満足できる内容だったです。
でも、地方に住んでいる僕の従兄弟は、「聖地巡礼のごとく、舞台地にて鑑賞するとせっかくのイメージが台無しになるから、その様な事をするのは荒らしてしまいそうだから勘弁したほうが良い」と、公言して憚らないので正直いうと僕は複雑な気持ちです。
(なお、その従兄弟は生まれてからずっと関東へは行ったことがなく、高校の修学旅行は確か中国〈中華人民共和国〉だったそうです)
Tomoyan
2015/04/25 15:14
こんにちは。
仕事が多忙な事と、イザ休みであっても他の都合などにより、劇しん新作鑑賞が難しい状況でありますけど、GW明けになればやり繰りが出来そうなので、そのさい私は以前すんでた関西にて劇しんを鑑賞しようかなと検討してます。
それでは、私はこの辺にて失礼します。
盆栽すし
2015/04/28 11:06
>Tomoyanさん
今回の作品は非常に『クレしん』らしいところがあると思いました。
舞台地での鑑賞ですが、単に鑑賞するだけなら、イメージは台無しになるとは思いません。舞台地で何らかの迷惑行為を行えば別ですが、鑑賞は迷惑行為にはならないはずです。
Tomoyanさんの従兄弟のご意見には賛同しかねます。
チョルス
2015/04/28 22:16
>盆栽すしさん
こんばんは。
『クレしん』の映画は通常ゴールデンウィークが終わると、公開している劇場が急に減っていきますので、時間があればなるべく早く鑑賞された方が良いです。
関西なら、おそらく5月の終わりごろまでやっているかと思いますが。
チョルス
2015/04/28 22:18
私も先日鑑賞してきました。
後半には、なかなか胸が熱くなるシーンがいくつかあり
見ごたえがありました!ネタバレOKになったら具体的な感想も言いたいと思います。
たんけんくん
2015/05/04 17:03
今回の作品もとても面白かったです。いかにも『クレヨンしんちゃん』らしい作品という感じで。前回以上のヒットになりそうですが、それも頷けます。
近いうちにネタバレ解禁をする予定ですので、その時に詳しい感想を書いていただければと思います。
チョルス
2015/05/05 12:22
こんにちは。
漸く休みが取れ、私は仕事明けの今日(5/10)、気分転換として、ドデカシティならぬ千葉県千葉市の幕張新都心にあるメッセアミューズモールさん内のシネプレックスさんにて、今回の劇しんを鑑賞してきました。

今回の作品にて、私はゲストヒロインのひとり、カロリーナさんをみるなり、クレしんよりもむしろ、ディズニーアニメに出てきそうな表情と、ナイスバディな雰囲気がたまらなかったです。

それはさておき、しんのすけたちが東武電車の東武スカイツリーラインの春日部より、浅草(ココで都営地下鉄の浅草線を介して、京成電車=北総電車の成田スカイアクセス線経由か?=に乗ったものと推測)へ向かった電車をよく見ると、浅草より日光・鬼怒川(会津方面)へ行く快速列車に使われる、2ッ口のセミクロスシート車の6050系電車だったのには驚きでした。

(ただ、編成の向きが逆=パンタ付きは実際だと浅草寄りだけど、反対側の日光寄りになってた=だったり、側面の窓まわりでも実際は1段マドだけど、2段マドになってたりしてたのは残念でしたが、それでもツワモノ6050系電車を出してくれたのには、正直いって東武電車沿線の住民でもある私から言わせると、本当に嬉しかったです)

今回の映画にて登場したカロリーナさん(ヒスパニックならではのエキゾチックな風貌にも、ホントたまらなかった)ですけど、何も映画に限らず原作およびTVアニメのクレしんでも(日本の大学に留学した経験のある日本語堪能な方という設定だと、意外にも魅力ありそうです)、海外研修生として出てくれたら、もっと面白そうな感じがいたしますけど、いかがなモノでしょうか!?
長文になりましたが、私はこの辺にて失礼させていただきます。
盆栽すし
2015/05/10 15:33
映画の『引越し物語』をご覧になったのですね。千葉県で鑑賞されたとのことで、私は2007年の『ケツだけ爆弾』を千葉県まで行って鑑賞したことがあります。

カロリーナは今回の映画の「強いおねいさん」になりますね。歴代の作品に登場するおねいさんと同様、とても魅力的に描かれていたと思います。

東武電車の東武スカイツリーラインには、私も何度か乗ったことがありますが、セミクロスシート車には乗ったことが無かったので、はてセミクロスシート車は実在するのだろうかと思っていましたが、6050系電車であるのですね。映画での描写は実際の車両と若干異なる部分があるようですが、演出上の脚色なのでしょうかね。

そういえば、『まんがタウン』の6月号の『新クレヨンしんちゃん』ではフランス人のエマという女性が登場していました。今後、海外研修生が登場する可能性は決して低くはないでしょう。そうなると、それなりに面白いものになりそうです。
チョルス
2015/05/12 02:08
こんばんは、
東武電車に関して補足コメントいたします。

映画の予告編では、東京メトロの日比谷線直通用の20000系列グループ(5扉車が入っている50番台以外の、オリジナルタイプの0番台か、末期タイプの70番台と思われます)に、野原家が春日部より旅立つシーンで乗ってましたけど、イザ本編に於いて上記のコメントにある6050系に変更されており、おそらくロングシート車よりもクロスシート車のほうが、これから旅立とうとしてるのに通勤・通学用の車両よりは、むしろ長距離列車に使われる車両のほうが、旅情味が引き立てられる為に変更されたのではないかと推測します。

因みに私も、実際の6050系電車に幾度か乗った事がありますけど、ゆったりした車内と大きめの側マド、そして掛け心地のイイ座席が印象的だったです。
それでは、これをもちまして私は失礼します。
盆栽すし
2015/05/12 19:15
確かに、劇中での野原家は、春日部にはもう長い間戻ってこられないという気分でして、ロングシート車よりもクロスシート車の方がその雰囲気を出すのに適した車両と言えるでしょう。
座り心地の良い車両のようで、私も機会があればぜひとも乗ってみたいものです。
チョルス
2015/05/14 02:52
イオンモールが全国各地に出来た影響かどうか定かではないものの、サトーココノカドーのモデル・イトーヨーカドーにて、採算が取れなかったり、あるいは老朽化が著しい40の店舗(全体の2割にあたる)を、2020年2月期までに閉鎖し、売却や統廃合を進めて健全化を図るそうですが、かつてのダイエー帝国の興亡や、西友の親企業のくら替え、マイカル(ニチイ)の破綻など、かつては地元密着の個人商店の転廃業へ追いやった大手スーパーが、新しく出来た大型ショッピングモールによって、こちらも転廃業と時代の流れとはいえ、ずいぶん変化が著しいのがよく分かります。
さらには映画館も昔ながらの鉄道駅前にあったのが、大型ショッピングモールの中に出来た為に転廃業と、これまた影響が大きいのには驚いてもおかしくないです。
幸之助
2015/11/04 23:17
大型ショッピングモールやスーパーなど、どの形態が良いかはあまり重要ではないと思います。どんな形態にせよ、顧客のニーズに合ったビジネスができているかが問題だと思います。ダイエーも西友も、最初はそれができていましたが、時代の流れについていけなくなったわけですね。今後、この流れはさらに加速化して、経営陣は常に変化を意識しないとやっていけないでしょう。
チョルス
2015/11/05 02:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県

「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」を鑑賞しました クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる