クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『こわれたてのレディオ』2012年9月5日&10月5日版

<<   作成日時 : 2012/10/12 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

『まんがタウン』の2012年10月号と11月号に掲載された『こわれたてのレディオ』のことです。なお、ネタバレありです。

どう見ても『壊れかけのRadio』がタイトルの元ネタになっている『こわれたてのレディオ』って、マジでクソな漫画ですね。いい意味で。

10月号にあった「いい意味」なんですけど、これもゲロ以下で救いようの無いギャグだと思います。いい意味で。

だから、私もリアル生活でこの「いい意味」というのを使ってみようかなと思ったりします。って、前回の記事で早速使っちゃったし。

10月号には、自己中心的な人間を、なぜ神様は信じておられるかについて取り上げられていました。それは、人間はコンビニで入れ違いで入る際にドアを開けてくれるからなのです。

人間の思いやりはエーゲ海より深し!エーゲ海より青し!

私はこの考察に何かハッと気づかされることがありました。その精神的な衝撃は、まさにヘレン・ケラーの「ウォーーーーータァーーーーー」の叫びのごとく。

ナアルホド、武井達人先生は私のサリバン先生だったのか(笑) (ちなみにこれはマジネタですが、私は神様の救済を信じているキリスト教徒だったりします)

11月号の「本当の強さ」にも、そうだったのか!という衝撃を受けました。本当の強さとは、ファミレスであえて呼び鈴を使わず、地声で店員を呼ぶこと。しかし、弱者の私にはそれはなかなかの難儀。それを乗り越えれば、私は真の強者になれるのでしょう。

最後に、私はかつて、自宅のテーブルイスに『クレしん』のアニメのシールを貼っていたァ!(←1993年頃のことです)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
私もチョルスさんと同じ信仰を持ってますが、時間が許すさいは思い遣りはあるものの(例えば私が歩行者あるいは自転車に乗ってるさい、車や人に先を譲るとかしてる)、しかし急いでたりしてると周りが盲目=自己中心=的になってしまう事は少なくありません。
あのナザレのイエスのお弟子さんたちも、イエスの最大のピンチのとき逃げるか隠れて様子を見てたか(異説あり)をしてましたが、イエスの一番弟子というべきぺテロが三度しらないと否定(しかし、ぺテロはイエスに言われた事を思い出すや、激しく号泣してたけど)した様に、いくら熱心な信徒だからと言っても自己中心になってしまって忘れてしまう事(私もそうですが)はよくあります。
それでは、この辺をもちまして私は失礼します。
おおみやっ子
2012/10/12 06:56
こんばんは。
私は自分が特に自己中心的だなと思うのは、電車に急いで乗ろうとするとまだ閉まらないでくれと思うのに、乗った途端に早く閉まれと思ってしまうことです。
さすがにこれはかなり自己中心的で、イエスが捕まったときのペテロたちのようだと思ったりします。
普段の生活でも、どうしても後ろめたいことが出てきてしまうものです。
「ローマの信徒への手紙」で人間には罪が内在することを指摘したパウロを思い出したりもします。
チョルス
2012/10/13 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県
『こわれたてのレディオ』2012年9月5日&10月5日版 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる